FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪加茂の大クス≫

850_3367-1-sn7.jpg
Nikon D850 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

≪桑平堂の大スギ≫を見た後は、すぐそばにある≪桑平のトチノキ≫の元に戻って再び撮影(笑)。
それくらいに良かったんですよ。

ただいつまでもここにはいられません。
というのも、この日8本目の巨樹にして最大の目的であるクスノキが待っているのです!
それがこの別格の巨樹、≪加茂の大クス≫。
とにかくスゴイです!!


↓↓↓



850_3294-1-sn7.jpg

どうですか、この堂々たる姿は。
国の特別天然記念物に指定されているだけあって、もう圧巻!!
ただの天然記念物ではありませんよ、特別天然記念物ですからね。
植物で<特別>がつく国の天然記念物はわずか30件、単木に限るならその1/3もありませんからね。
このクスがどれだけ貴重か、いやもうほんと世界に誇れる国宝や世界遺産レベルの存在ですよ。



850_3297-1-sn7.jpg

そんなクスですから、今回の旅の前から楽しみで仕方なかったのです。
いつか絶対に見に行く!そう固く誓っていた巨樹ですから。

近付くにつれ、憧れの存在が目の前にあるという現実に興奮が収まりません。



850_3303-1-sn7.jpg

クスの根元には小さな神社があり、この日はその祭礼のため?か準備をされている方々がいました。
普通であれば巨樹撮影の際にこのように車や人がいると、『あぁ、できれば誰もいない時に来れば良かった(邪魔だなぁ)。』
と自分勝手に心の中で悔やむんですが、驚いたことにこのあまりにも巨大なクスの前では全然気になりません。
こんな思いをしたのは初めてです。



850_3312-1-sn7.jpg

それにしても・・・。
いや、もう、ハッキリ言ってしまいますが、言葉で説明する意味がありますかね?
語彙が乏しいでお馴染みのこのブログで、いくら文字を連ねてもこの凄さが伝わるとは思えません(笑)。



850_3313-1-sn7.jpg

なんですか、この幹の太さは!
説明版での表記では幹周13mとなっていますが、そんな数値では絶対にない。
これまでの経験上、もっとありますよ、これ。
実際に計測してみたくてたまりませんでした。



850_3314-1-sn7.jpg

樹冠の大きさはこれまで見た巨樹の中でダントツの一位!
樹ってこれほどまでに巨大になるのか?
驚きを通り越して、ただただ茫然としていたように思います。



850_3321-1-sn7.jpg

『上手く写真を撮りたい!』
そんな自分の願いがまったく通用しないような存在の大きさです。

『もう見ているだけでいいんじゃない?』
『だってどうやったって目で見る以上の写真を撮れないもの。』
なかば諦めの境地でした。



850_3324-1-sn7.jpg

それでも抗って、カメラを構え、ファインダーを覗き、シャッターを切り続けました。
辛うじて写真を撮ることが好きな男の意地みたいなものなのかもしれませんねぇ。

あぁ本当に美しい樹形ですねぇ。
もはや国内ナンバーワンと言っていいんじゃないかと思う程。



850_3333-1-sn7.jpg

時間をかけ、グルっと一周回ってきました。
いや、時間をかけたというか、かかってしまいますよ。
そしてこのクスがとても好きになっている自分に気付きます。
好きって何かおかしいですね。
元々クスには安らぎや親しみ、温かみを感じることが多いんですが、このクスはそれらが最大級。
その結果、シンプルに好きだなぁと思ってしまうんでしょうね。



850_3334-1-sn7.jpg

一本一本の幹や枝、それらのすべてが活き活きとして見えます。
これだけのサイズながらも、樹勢はとても良好。
それなりの樹齢なのに若々しく感じます。



850_3354-1-sn7.jpg

いくつかの大枝は支柱に支えられています。
これだけ四方に大きく育っていますからね、しっかり保護されているようで安心です。



850_3357-1-sn7.jpg

この下にずっといたい!
時間の経過を気にすることなく、思う存分ここでの時間を堪能したいと思いました。
居心地がね、本当にいいんです。



850_3352-1-sn7.jpg

陽のイメージが強いクスは、青空がとても良く似合います。
仮に雨でもこのクスの素晴らしさが減退することはないですが、やっぱ青空ですよ。



850_3353-1-sn7.jpg

狛さんはベンチに座って自撮り。
to-fuさんは現地の方々と交流。
それぞれ思い思いの時間を過ごしていました。



850_3372-1-sn7.jpg

残念ながらそろそろお別れの時です。
この後、高知まで移動しなければなりませんから。

この目にしっかりと焼き付けるように見入っていました。
そしていつかきっと、必ず、間違いなく、絶対に再訪することを誓って・・・。



850_3296-1-sn7.jpg

≪加茂の大クス≫

徳島県三好郡東みよし町加茂1482
国指定特別天然記念物
新日本名木100選

幹周/16.72m、樹高/26m、樹齢/1000年以上


幹周に関して、1988年計測時は13.8m、2007年には16.72mと20年間で約3mも成長しているそう。
そこから更に10年以上経過した今、幹周が18mを超えているといっても不思議ではないと見た目的にも思います。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/17(土) 20:45:18|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<カレーにはビール | ホーム | 好天>>

コメント

実のところこの巨樹に関してはあまりの偉大さに唖然としてしまって、とにかく気持ちの良い空間だったことしかはっきりした記憶に残ってません 笑
もう遠目に見た瞬間に諦めちゃいましたよね。これはカメラなんかでどうこうできるシロモノではないぞ、と。
あのそよ風と、風でサワサワとクスの葉が擦れる音の心地良さといったら…写真を趣味とする我々ですらカメラを置いてしまいたくなるほどのものでしたね。

それにしても幹周!やはり成長してましたか!
どう見ても17~18mクラスでしたもんねえ。あれが野間の大ケヤキより細いだなんてどう考えてもおかしい。
20m…とまでは行かないかもしれませんが、それに近い数値が出てきたとしても私は驚きません。
いやはやこの巨樹や「杉の大杉」はもう一度再訪したいなんて言いませんよ?無理を押してでも定期的に姿を拝みに行きたいものです。

ちなみにあの地元の方、お祭りの準備でもされているのかと思ったら、月に一度クスの周辺を清掃する日があるそうで、たまたまあの日がその清掃の日だったのだそうです。クスの周辺、綺麗でしたよねえ。全く頭が上がりません。
  1. 2019/08/19(月) 17:25:32 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

同感、現地に着いた時にすでに、あ、これ撮ってもしょうがないやつだわ……と直感しました。
その場、巨樹が守ってきた気持ちのいい環境に身を任せるしかないんだなあ……と。
それがすぐわかる辺りは、やはり経験を積んできた証拠と言いましょうか。笑

我々の経験がと言うなら、やはり幹周問題ですよね。
こうして各々見てきた3人が意見を交わしても、やはりどうしても13メートルでとどまるとは思えなかった。
そして……それが実証される資料があったわけですね! これは嬉しいですね!
やっぱり。僕もRYO-JIさんの18メートル説に賛同します。
九州で見た15メートル級の方々にも全然見劣りしないどころか、間違いなく軒並みのクス軍団の中でも白眉と呼べる存在です。
こんな美しい悠々としたクス、他にないですよね。

もちろん、この樹と周辺の光景だけを捉えた写真も撮ってみたいのですが、考えてみれば、それだけ社会的に手厚く守られているから、まだまだ大きくなっていっているんですよね。
あらゆる面で、惚れ惚れするような素晴らしい巨樹でした。
もう一度行きたい。
  1. 2019/08/19(月) 18:06:46 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

稀に見る気持ちの良い空間でしたね。
大袈裟ではなく、近くに住んでいたら毎日でも行きたい場所ですよ。
本やコーヒーを持ってあそこでゆるゆる過ごしたい。
あぁ、あのそよ風と葉の擦れる音がたまらなく懐かしいです。
もうカメラなんて持って行かないでもいいかもしれませんね!
どうあがいてもあの凄さを表現できそうにないので、あっさり諦める方向で(笑)。

幹周はやはり我々の見立て通りのサイズでしたね。
そう、あの野間の大ケヤキより細いなんてことはないと思いました。
東みよし町のサイトに詳細が載っていました。
https://www.town.higashimiyoshi.lg.jp/docs/559.html

なんと月に一度の清掃日だったとは・・・。
そういうものが設定されていることから、いかに大切にされているかわかりますね。
駐車場やトイレまで整備されていましたし、我々のような訪問者にとっては感謝しかありません。
  1. 2019/08/19(月) 21:27:50 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

ねぇ、やっぱりみんな同じように感じるんですね(笑)。
写真なんてスマホでパパっと撮って、あとの時間はこの気持ちの良い場所で有意義に過ごした方が幸せでしょう。
そうですね、我々もそこそこ経験を積んできた訳ですからそれがわかっちゃうんですよね。
でも悲しいかな、わざわざ来たんだから写真を撮りまくらないと!と貧乏根性丸出しでシャッターを切っちゃいます(笑)。

幹周問題はこれも共通意見ですね。
たまたま見た東みよし町のサイトでその変化が記載されていたので間違いないでしょう。
https://www.town.higashimiyoshi.lg.jp/docs/559.html
18mは至極現実的な数値だと思えます。
しかもあれだけ健康的な状態でですからねぇ。

元々事前の期待がかなり大きかったんですが、その想像を大きく超える存在に嬉しくて嬉しくて。
地元の方からの手厚く扱われているということがわかって更に嬉しく思いました。
ほんと惚れ惚れするような素晴らしい巨樹でしたね!
是非また行きましょう!!
  1. 2019/08/19(月) 21:41:18 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3877-ee032516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (649)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (7)
Nikon D850 (88)
Nikon D7000 (4)
RICOH GRⅢ (73)
FUJIFILM X30 (54)
GoPro HERO 7 BLACK (17)
未分類 (3)
巨樹の記録 (105)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30



-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: