FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪白山神社のモミ≫

850_3102-1-sn7.jpg
Nikon D850 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

≪赤羽根大師のエノキ≫を見た後は、数百m下ったところにあるモミの巨樹へ徒歩で向かいます。
実はモミの巨樹を見るのは初。
どんな印象を受けるのか非常に楽しみです。


↓↓↓




850_3071-1-sn7.jpg

日本一の後は全国六位。
それぞれの樹種で国を代表する巨樹が至近距離に存在する樹影?の濃さにつるぎ町の凄さを実感します。



850_3111-1-sn7.jpg

モミは白山神社の境内にあります。
神社は山の中にひっそりと佇んでおり、人気はまったくありません。
恐らく我々のようにモミ目当ての稀少な人種しか参拝に来ないと思われます。



850_3110-1-sn7.jpg

わかりますかね?
そんな鬱蒼とした境内の左奥にヌゥっと伸びる樹形が見えます。



850_3098-1-sn7.jpg

モミと聞いてすぐに思い浮かぶのはクリスマスツリー。
あの均整の取れた円錐状のヤツです。
もちろんクリスマスツリー用にそういう形のモミを選定したり剪定しているのは理解していますが、
そのイメージとはまったく違う姿に驚きました。



850_3081-1-sn7.jpg

周囲の樹々とは明らかに違う存在感。
決して協調することなどせず、孤独に生き抜く力強さが表れているかのように高く伸びています。



850_3083-1-sn7.jpg

陽を求めて高い位置にしか枝はありません。
無駄なものは削ぎ落とすという生命にとって合理的でシンプルな姿。
それゆえに整えられたクリスマスツリーにはない野性味を大いに感じます。



850_3085-1-sn7.jpg

日陰になる樹皮はびっしりと苔に覆われていますが、反対側はまったく違う表情をしています。



850_3093-1-sn7.jpg

こちら側がモミ本来の樹皮の特徴を表しているのでしょうか。
残念ながら触れることができなかったのでわかりませんが、動物の硬い皮模様のようにも見えます。



850_3088-1-sn7.jpg

幹周が10mを超えるようなものがゴロゴロあるスギやイチョウなどに比べると、6.3mはかなり控え目な数字です。
しかしながら、同じような幹周でもスギやイチョウとは比べられない程の迫力を感じるのは何故なのでしょうか?
このモミが特別なのか、それとも他のモミもそういう印象を受けるのか・・・。
俄然モミに興味が湧いてきました。



850_3106-1-sn7.jpg

ご覧のように少し傾いているのが心配です。
しかし樹勢は良くて、人里離れたこの地にて更に成長してくれることを願ってやみません。



850_3108-1-sn7.jpg

このヌゥっと伸びた幹に何故か惹かれます。
名前はわかりませんが、首の長いなんとかサウルス系の大型草食恐竜を彷彿とさせます。
幼稚な比喩ですが、そう思ってしまったものは仕方ありません(笑)。

初モミにも関わらず、とても素晴らしい個体に出会えて良かったと思います。
モミの印象がかなり変わりましたもの、もちろんいい意味で。



850_3090-1-sn7.jpg

≪白山神社のモミ≫

徳島県美馬郡つるぎ町一宇字蔭117 白山神社
徳島県指定天然記念物

幹周/6.31m、樹高/38m、樹齢/600年



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/16(火) 21:49:54|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<エイリアン | ホーム | 赤い字>>

コメント

私もここまで野生化したモミは初めてだったので非常に楽しめました。
つるぎ町においてはモミに限らず全ての巨樹が野生化していましたが…
モミは篠山の「追手神社の千年モミ」を見て以来はまってしまった樹種で、わりと優先的に回ってしまいます。立派なものは御神木としてそれなりに手入れされているものが多いので、この方は相当に個性的な1本だったのではないでしょうか。

やっぱり首長竜を連想しますよね 笑
あの苔まみれの姿がまさに太古の生物といった迫力で、見た瞬間から恐竜だわこれ…と思ってました。
この巨樹もまた自分が生きているうちに再訪できるのか?という立地ですが、もう一度撮ってみたいですねえ…
  1. 2019/07/17(水) 16:02:44 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

つるぎ町に行ったからこそわかるんですが、あそこはすべてが野生。
私もそこそこの田舎に住んでいると思っていましたが、便利に慣れたただの軟弱野郎でした(笑)。
モミはto-fuさんと狛さんが掲載されていた「追手神社の千年モミ」を拝見して以来かなり気になっていたんです。
それが今回個性的な一本を見られてとても満足しました。
「追手神社の千年モミ」も近いうちに見に行きたいですね。

首長竜・・・あぁそうそう、その表現が的確です。
やっぱりそういう印象を持ちますよね(笑)。
太古の時代は知らないですが、何故か自然と連想してしまう不思議。
ぜひ再訪したいですね!
  1. 2019/07/17(水) 21:12:27 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

そうそう、そういえばRYO-JIさんにとっての初モミ巨樹だったのですね。
樹種中全国6位と、6メートル台の幹周。
そういうと「ついで」のような扱いをしがちですが、実際見ると、このすごい野性味であったりとか、傾きながら力強く生きてる様とか、やっぱり写真や書籍の記事だけでは伝わらないものが多いな……と、実際この巨樹を訪ねた後では思いますね。

モミは単純なフォルムで数値的にもそこまで大きくなりませんが、良いものは強いインパクトを与えてくれますね。
そこまで多くはないですが、僕も意識するようになりました。
  1. 2019/07/24(水) 09:07:34 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

巨樹訪問の回数を重ねてくるとそれなりにわかってくることも多いですが、
一方で写真や書籍のイメージと実際目にした時との違いにいつも驚かせられますね。
特にこのモミのように特徴的で野性味あふれる巨樹だとなおさらです。
サイズだけでなく、こまめにチェックしていないとこの趣味の醍醐味が半減してしまうと言っていいくらい。
そして初モミがこれで本当に良かったなぁと思います。
スギやクス、イチョウのようにその存在感で圧倒してくる樹種とはまた違う魅力に気付けましたから。
  1. 2019/07/24(水) 21:04:57 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3853-e6b7b7f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (649)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (7)
Nikon D850 (88)
Nikon D7000 (4)
RICOH GRⅢ (61)
FUJIFILM X30 (54)
GoPro HERO 7 BLACK (10)
未分類 (3)
巨樹の記録 (102)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30



-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: