FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪別所の大クス≫

850_2992-1-sn7.jpg
Nikon D850 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

5月の四国旅では二日間で12本の巨樹と対面してきた訳ですが、まだ全然現像ができていません(汗)。
ようやく1本目の現像が終わったばかりでして・・・。
まぁこれから順次(マイペースで)掲載していきますので、是非目を通していただきたいなぁと思っております。

さて、その旅のスタートを飾る1本目の巨樹はこちらの≪別所の大クス≫です。


↓↓↓




850_2984-1-sn7.jpg

広い場所にズドーンと立っている姿を事前資料で目にしていたので、遠方からでもすぐに確認できると思っていたのですが、
ナビの残り距離が短くなってもまだ見えない。
『あれれ?』と思っていると、住宅街の後ろにその巨大な姿が見えました。
ちょうど朝日が後ろから差していてなんともドラマチックな登場でした。



850_3002-1-sn7.jpg

この大クスの見学者専用の駐車スペースがあり、こういうご配慮はとてもありがたい。
安心して撮影に臨めます。

まず最初に思ったのは、なんと立ち姿のキレイなクスノキなんだろう!ということ。
関西人の表現で言うと、シュッとした感じがとてもいい(笑)。
惚れ惚れしますよね。



850_2997-1-sn7.jpg

幹周10mという数値もただ単に太くなったというのではなく、とても引き締まって見えます。
例えるならば、無駄な贅肉などない体幹がしっかりしたアスリートの胴体。



850_2998-1-sn7.jpg

余談ですが、同行者である狛さん、to-fuさん、そして私とその撮影スタイル・行動が三者三様で実に面白い。
巨樹を前に余裕がある訳ではありませんが、勉強のためにも横目でチェックするのも忘れません(笑)。



850_2994-1-sn7.jpg

大クスのそばを吉野川が流れており、その堤防はサイクリングロードにでもなっているのかとも思ったんですが、
当日は自転車通学の学生や犬の散歩をしている人が通っていましたから、地元の方が普通に使う道なのでしょう。

それにしてもここからの眺めは特に素晴らしかったですね。



850_3005-1-sn7.jpg

こちら側からアプローチしていたら、かなり遠くからその姿を確認できていたでしょう。
どの角度から見ても健康そのもので、明るく温かな雰囲気に満ち溢れています。



850_3006-1-sn7.jpg

根元部分も実に逞しい。
日当たりや土壌といった環境が良いのか、樹齢やサイズのわりに若々しく感じます。



850_3012-1-sn7.jpg

大クスの笠の下は居心地が良いんでしょうね、たくさんの小鳥が住み着いているようです。
朝の爽やかな空気の中、小鳥のさえずりや風で擦れるクスノキの葉音を聞いているとこっちまで住みたくなってきます。
そう思うくらいに心地良い時間を過ごせました。



850_3015-1-sn7.jpg

フェンスで覆われていますが、大クスのそばには小さな祠があって出入りできるようになっています。



850_2999-1-sn7.jpg

≪別所の大クス≫

徳島県美馬市脇町字別所2194-1
徳島県指定天然記念物

幹周/10m、樹高/30m、樹齢/600~700年


あの小さな祠にはタヌキが祀られているそうです。
楠藤兵衛というタヌキの伝説があるとか・・・。
よくある眉唾系の伝説なんですが、これを読んだだけでは到底現実味がないと言わざるを得ません。
と思っていました、ここまでは。



850_3019-1-sn7.jpg

しかし、この大クスから立ち去ろうと車を進めてすぐに狛さんが、
『あっ、タヌキ!』と叫んだのです。

ほんとだ(笑)。
何というタイミングで現れるんでしょう。
まるで徳島県教育委員会か美馬市教育委員会が見学者用に仕込んでいる演出なんじゃないかと本気で疑うくらいに(笑)。
でもまぁ、タヌキ伝説にちょっとだけ現実味が出てきた瞬間でした。



850_3019-1-2-sn7.jpg

せっかくなのでトリミングしてお顔を拝見しましょう!
ばっちりカメラ目線ですね(笑)。

本当は最初この階段を駆け上がっていく姿を見たんですが、上の堤防に出る直前に自転車が通りかかったんです。
で、タヌキは慌ててUターンして降りてきたら今度は車が近付いて来てビックリ・・・という瞬間の写真です。

そんな面白エピソードも含め、旅の1本目に相応しい巨樹でした。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/30(日) 21:22:07|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<喧嘩 | ホーム | ソースカツ丼を喰らう>>

コメント

このクスは本当に正統派なクスの巨樹でしたね。
数値だけで見ると県内にもまだまだ上がいますが、この河川敷の景観を含めた
総合点では徳島県の巨樹の中でも結構な上位に来るのではないでしょうか。
本当に、一発目からこんなの見ちゃって大丈夫なの?とちょっと心配になって
しまうくらい素晴らしいクスノキでした。訪れた時間帯も最高でしたね。

しかしタヌキの奇跡には笑わせてもらいました。
このタヌ吉君の写真はD850ですか?私もコンデジで撮っていたのを思い出して
今見返してみたのですが、全然解像感が違ってビックリです 笑
こうして比べてしまうとどんな写真もフルサイズで撮りたくなるから困りますね…
  1. 2019/07/01(月) 17:28:34 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

周囲の環境を含め、これまで見たクスノキの中でもかなり上位にくる存在でした。
天気も朝の時間帯だったというのもプラスになっていたとは思いますが、素晴らしかったです。
あと三人旅の始まりという興奮もあったかもしれません(笑)。
だからこそ最初からいきなり衝撃レベルの巨樹だったので、この後どうなるのか不安でしたよねぇ。
しかしまぁ結果的には徳島の奥深さに打ちのめされることになるんですけど(笑)。

タヌキはタイミング良すぎですよね!
後部座席の特権でそばにあったD850で撮ってます。
元データで見るとよりセンサーサイズの違いは圧倒的ですよね。
できることならずっとこのカメラだけでいいと思ってしまうくらいです。
しかしこの写真、微妙にブレているんです(汗)。
高画素フルサイズ機の宿命なんですが、ちょっと神経質にならざるを得ない部分もありますね。
  1. 2019/07/02(火) 21:15:00 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3840-2e05f96b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (649)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (7)
Nikon D850 (101)
Nikon D7000 (4)
RICOH GRⅢ (123)
FUJIFILM X30 (57)
GoPro HERO 7 BLACK (21)
未分類 (3)
巨樹の記録 (117)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30



-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: