FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪宝生院のシンパク≫


Nikon D850 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

≪樹齢千年のオリーヴ大樹≫を見た後は、この日の大本命の巨樹の元へ。
≪宝生院のシンパク≫です。

まず何がスゴイって国の特別天然記念物に指定されています。
ただの天然記念物ではなく、【特別】が付く世界的に又は国家的に価値が特に高いものなのです。
有形文化財で例えるなら、国宝にあたるでしょうか。

それだけの存在だからか、この石垣や壁はシンパクだけのためにあるようなものです。


↓↓↓




850_2535-1-sn7.jpg

存在感のある姿をしているので、数百メートル前から『おおー、アレだ!』と気付きます。
思わずペダルを漕ぐ足に力が入ってしまいます。

逸る気持ちを抑えて駐輪し、まずは本堂へと参拝に向かいます。
ちなみに左に見えている建物は寺務所・客殿で、本堂は更に左奥にあります。



850_2541-1-sn7.jpg

樹名はシンパクですがビャクシンということくらいは頭に入っています。
そしてビャクシンの巨樹は、贅沢にも日本一のこれが初。
まだ見ぬ樹種ですが、その特徴通り幹がグリンと捻じれているんだろうなぁと軽く想像していました。
あと、樹形からして何となくクスノキっぽい温かさと親近感を抱いていました、この時までは・・・。



850_2568-1-sn7.jpg

シンパクの周囲はこのように木道が整備されており、しっかりと保護されています。
観察&撮影するこちらも安心してグルグル歩き回ることができます。

とまぁ今だからこそ冷静に解説できますが、近寄って見たその姿に興奮しまくってました(笑)。



850_2545-1-sn7.jpg

まず根元・幹部分を様々な角度から。

1mくらいの場所から幹が分かれています。
それもものスゴイ勢いで。



850_2548-1-sn7.jpg

遠方から見たイメージからは想像もできない程の荒々しい姿。
目の前にあるものの状態がうまく頭の中で整理できません。
『いったいどうなっているんだ?』と。



850_2556-1-sn7.jpg

いつもなら興奮しながらも撮影の手は止まらない、というかむしろ勢いを増して撮るのに、
この時ばかりは気圧されたのか、混乱していたのか、思わず手が止まっていました。



850_2559-1-sn7.jpg

どうやら3本の幹に分かれていることがようやく理解できてきました。
そして何と驚くことに、その1本1本がそれぞれ巨樹クラスの幹周があります。



850_2566-1-sn7.jpg

グルンと捻じれているどころか、もう怖いレベルに捻じれ波打って成長しています。
3匹の龍が暴れながら天高く飛んでいく・・・そんなイメージです。



850_2621-1-sn7.jpg

壮絶、そう言い表すのが一番しっくりくるような気がします。
事前情報から得た印象を大きく超えるその姿を目の当たりして、本当に愕然としました。
もちろんいい意味で。
この樹は本当に凄いです。
樹齢1600年以上というのも充分納得できる数字に見えます。



850_2571-1-sn7.jpg

何周かグルグル歩き回ってようやく少し落ち着いてきました。
細部を見る余裕も出てきました(ちょっとだけ)。

1本の幹には大きな瘤ができています。
それも並大抵ではない大きさです。



850_2588-1-sn7.jpg

赤っぽい表面に白い模様。
樹皮が剥がれた後に出る模様とのことですが、そうだとするとかなりの部分が剥がれていることになります。
そして記憶に近付けて現像したつもりですが、表面はもう少し赤かったかもしれません。



850_2590-1-sn7.jpg

この目のような部分、ずっと怪物に見つめられているような気がしてなりませんでした。
左の幹には黒く変色した空洞も見えます。



850_2606-1-sn7.jpg

恒例の自分比較です。

木道が整備されているのは有難いのですが、離れた位置からの自分比較には苦労しました。
カメラの位置は限られるし、シンパクはデカいし、自分もいい位置でポジショニングしたいしで。

改めて見てもやっぱりスゴイ!
畏怖を感じさせる凄みはありますが、居心地は不思議と良い。
なんだかんだと一時間滞在していましたから。
言葉を変えて何度もこのシンパクの凄さを表現したくて堪らないのですが、さすがにしつこくなってきましたね。
だからこれで最後にしましょう。
『特別天然記念物は半端ない。』



850_2632-1-sn7.jpg

≪宝生院のシンパク≫

香川県小豆郡土庄町上庄412 宝生院
国指定特別天然記念物
新日本名木100選

幹周/21.3m、樹高/20m、樹齢/1600年以上



850_2652-1-sn7.jpg

宝生院の一番目立つ位置に掲示されていた看板。
国の特別天然記念物なのに、こういった寄付を募らないと保護を続けられないという事実に悲しくなりました。
国の宝なのに・・・。
もちろんわずかではありますが、私も寄付させていただきました。

また必ず訪問したい、そして他の方にも絶対に見て欲しい素晴らしい巨樹でした。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/22(土) 20:41:29|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<慈悲地蔵尊 | ホーム | 開店前>>

コメント

うわあ、何だこれ 笑
これがビャクシン?いやいやいや 笑
本当に笑うしか出来なくなってしまいますね。凄すぎる。

私も当然チェック済みの巨樹でしたが、今までに見たどんな写真よりもワクワクさせられました。
ここまでの大きさになると凄さを伝えるのが逆に難しいと思うんですけど、これはもう完璧ですね。
だって実際、今すぐにでも行きたくて仕方ありませんから 笑

この1本のためだけに小豆島に渡っても損はない!
それくらい凄い1本ですね。やはり国特天に外れなしですか…
  1. 2019/06/23(日) 21:18:26 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

初心者のくせにいきなりトップに君臨するビャクシンを見てしまいました。
想定を超える存在感に度肝を抜かれましたよ。
まさに怪物ですよ、これは。
非常に整備された寺社の境内にあるので安心して対峙できましたが、
こんなのが山中にでもあったならば恐怖に打ちのめされてロクに写真なんて撮れないでしょうね。

日帰り圏内にいらっしゃるto-fuさんにも是非見ていただきたいですね。
わざわざこれだけの為に行く価値ありますよ。
初の国特天でしたが、やっぱりスゴイです。
  1. 2019/06/24(月) 20:51:10 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

すさまじい、すばらしい樹ですね。
とてもビャクシンとは思えないような……大型のビャクシン巨樹が数本まとめて生えているようなもんでしょう? 圧倒的です。
この樹があるおかげで、巨樹界におけるビャクシンの地位はグンとアップしているに違いありません。
これは一度、実物を見なければ……と思いました。
まさに、というか、さすがに、特天にはずれなしかもしれませんね。

このクラスのものを目の前にすると、何をすべきか戸惑って行動がストップしてしまうというのも、よくわかります。
日常の上ではなかなか味わわないような体験ですよね。

解説文にいまだに大正時代のハカセの見立てが載っているというのがちょっと気になりました。
当時の人の見立てって、理系なのに信仰に結び付けてしまったりするので、ちょっと怪しい。笑
それでも、この樹の場合はほぼ違和感を感じないので、そこからしてもまさに特別ですね。
  1. 2019/06/27(木) 12:52:21 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

自分にとってこれが初めての特天でしたが、想像以上の衝撃でした。
もちろん指定のランク=巨樹の魅力ではないのはこれまでの経験上充分に理解していますが、
さすが!と言わざるを得ない存在です。
ビャクシンはそこそこのサイズという認識を大きく覆す巨樹で、おっしゃるようにビャクシンの地位向上を担っていますね。
この間の四国旅での特天といい、ハズレ無しですね!

今年に入ってこれまで以上にスゴイ巨樹を見ているような気がしますが、このクラスのものばかりを見ていると
色々と麻痺してきますよね、きっと(笑)。
この時はもう感情だけが爆発していて、思考も行動もストップしていましたよ。

もう100年ほども前の見立てをいまだに掲載しているのは何か理由があるんですかねぇ。
ちょっと眉唾的な話もありそうですが、このビャクシンを前にすると納得してしまいますね。
  1. 2019/06/27(木) 21:40:30 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3827-a8587530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を撮っています。
巨樹訪問もやってます。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!


※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。


-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30
・GoPro HERO 7 BLACK


-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

巨樹の記録 一覧表 (1)
巨樹の記録 (131)
LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (650)
Nikon F2 (338)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (9)
Nikon D850 (145)
Nikon D7000 (6)
RICOH GRⅢ (189)
FUJIFILM X30 (107)
GoPro HERO 7 BLACK (28)
未分類 (4)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: