FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪樹齢千年のオリーヴ大樹≫


Nikon D850 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

≪誓願寺のソテツ≫を見た後にやって来たのはこちら。
小豆島といえばやはりオリーブ。
最初は小豆島オリーブ園内にある、樹齢100年ほどのオリーブの原木を見に行こうと思っていたのです。
しかしたまたま地図を眺めていたら、樹齢千年の・・・という表記を見つけてしまった訳です。

100年と1000年だったらそりゃもう1000年でしょ。
こっちの方が自転車での移動距離も稼げて楽しそうだし。

そんな思いから下調べもロクにせずやって来たのが失敗だったのかもしれません。


↓↓↓




850_2491-1-sn7.jpg

樹齢千年のオリーヴ大樹の周囲はこんな感じ。
キレイに整地された何もない空間。

それにしてもオリーヴって・・・、ヴじゃなくて普通にブでいいんじゃね?って思うんですがね。
でもまぁ文句を言っても仕方ないですね、そう命名されている訳ですから(とか言いつついまだに文句がある模様)。



850_2527-1-sn7.jpg

海が見える高台にあります。
さすがに眺めはいいですねぇ。



850_2493-1-sn7.jpg

樹齢の古さを実感できる幹です。



850_2503-1-sn7.jpg

根元部分から分岐した幹。
苔があって捻じれています。
ここだけ見ているとその姿から少しスタジイを連想させます。
しかし陰のイメージの代表格であるスタジイとは対極の陽のイメージのオリーブですから(あくまでも個人的主観です)、
対峙した時の印象はまったくの別物です。



850_2530-1-sn7.jpg

周囲が徹底的に整備されていることから想像するに、このオリーヴも手入れされこの樹形を保っているのかもしれません。



850_2528-1-sn7.jpg

我が家にもオリーブがあるのでわかるのですが、ここまで太くなるのは相当な年月が必要。
樹齢1000年に偽りはないのかもしれません。

余談ですが、以前イタリアの南部で樹齢2000年(とアッチの人が自慢する)のオリーブを見たことがあります。
お城の前にあって同じような樹形で二本並んでいたんですが、さすがにその環境で見ると2000年に納得したものです。
風格があって凄いオリーブでした。



850_2515-1-sn7.jpg

恒例の自分比較です。

ご覧のように大きさだけで言うとそれほどではありません。
オリーブの産地に行けば、これよりも大きなものはゴロゴロしてますからね。



850_2509-1-sn7.jpg

≪樹齢千年のオリーヴ大樹≫

香川県小豆郡土庄町甲2580-1

幹周/推定5m、樹高/推定4.5m、樹齢/1000年


元々はスペインのアンダルシアにあったオリーブを持ってきて移植。
詳細はこの文面を読んでいただければと思います。



850_2512-1-sn7.jpg

このオリーブ自体は樹齢も古く、純粋にスゴイと思いますよ。
しかし、それよりもとにかく【哀れ】というのが正直な感想です。

だって1000年もの間住んでいた場所から1万キロも離れた場所に勝手に連れて来られたんですよ。
空気も土も水も気候も違うでしょう。
そしてキレイに整備されているとはいえ、むしろそれがかえって孤独に見えてきます。
現に私がいる間、誰も見かけませんでした。

例えるなら、ケニアから遠路はるばる連れて来られた希少な動物が、動物園の誰も見に来ない端っこに公開されているみたいな。
ただそこまでして持ってきたオリーブですから、きっちり管理されていて健康状態を含め今後の生育には不安はないのかもしれません。
でもね、この看板の上の写真を見てくださいよ。
輸送するのに邪魔だからといってバッサリ伐採されているではありませんか。
元々は高さ8mほどあったようなんですが、3mにまで伐採したそうです。
いや、ほんと、哀れに思えてなりませんでした。

所有者の方々がとても大切にされているのは感じますが、見に来てこんな思いをした巨樹は初めてでした。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/16(日) 20:43:22|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<職業、イケメン。 | ホーム | 四国旅の記憶・・・こいのぼり>>

コメント

噂のオリーブ…いえ、オリーヴでしたか 笑
これは確かに他の巨樹では見たことのない感じで面白い。象の足のようです。
しかし葉っぱの少しくすんだ色味といい確かにシイに近いものを感じますね。
サイズ的には巨樹というより名木のカテゴリーになるのかもしれませんが、
国内では他に見られないという意味では十分に見る価値がありそうです。

しかしこのパネルは本当に残念ですね。
伐採を避けるために仕方なく運ばれたならまだしも、誇らしげに書く内容では無いように思いますが。
私もこれを見て真っ先にゼニの力で連れて来られた希少生物のような哀しみを感じました。
木を生命体ではなく物体として扱っているようで切なくなります。
  1. 2019/06/17(月) 21:25:29 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

ええ、オリーヴですよ。
とても大事なポイントなので間違えないようにしないといけません(笑)。
おっしゃるように巨樹というより名木カテゴリーですね。
他にもゼニのパワーで持ってこられた大きなヤツが国内に存在するかもしれませんが、
いずれにせよプロ野球でいう桁違いのパワーを持った助っ人外国人みたいな感覚ですね。
抜きん出た実力は誰もが認めるところですが、なんだかなぁという気がしないでもないという(笑)。

何でこんなパネルを掲示するんでしょうねぇ。
様々な想いやご苦労はあったんでしょうけれど、いらんやろ!と・・・。
しかもこれって結構なサイズなんです。
オリーヴ自体はすごく価値を感じるんですが、余計な情報や置かれた環境でガッカリした感が否めませんね。
  1. 2019/06/17(月) 22:20:11 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

なるほどこれが……と、旅路での会話を思い出しました。
うちにもオリーブの鉢植えがありますが、なかなか大きくならず、こんな樹になるには確かに1000年が必要かもと思いました。
幹にはそれくらいの貫禄を感じますね。
本場にはこんなのがいくつもあるんでしょうか。

かわいそう……と言ってたRYO-JIさんの言葉に、まったくそうだと頷く次第です。
瀬戸内は実際地中海に気候も似てるだろ? という着眼点でオリーブの樹が小豆島で生育できるという科学的な検証は、まあ、それはそうかと思います。
だけど、だからといって、そんなことする必要は全くない。
オリーブで農業したいなら、苗を植えればいいだろ。
この樹の実が欲しいっていうなら、子孫を育てろよ。
1000年のオリーブが見たいなら、現地に行って見ればいい。
……どこにもこの樹を引っこ抜いてくる必要なんてないですね。

西畠それがしは時代の波に乗ってんのかやたらチヤホヤされてますが、彼の携わった仕事は顔をしかめるようなダーティーなものばかりで、個人的には大嫌いです。
しかも、巨樹やってるっていうと、この人のことも慕ってるだろうと勝手に勘違いされるおまけ付きで、最悪です。
何百年もその地で生きてきた樹木をよりにもよって他の遠い地に移そうだなんて、間違いなく地獄行きのむごい所業です。
  1. 2019/06/18(火) 19:41:34 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

そうです、これが例の可哀想なオリーブです。
記事にするかどうかも迷いましたが(文句つけたくなるので)、このオリーブ自体が立派なことに変わりがないので
記録としても残しておこうと思いました。
オリーブはほんと全然大きく育たないですよね。
幹周がここまで太くなるのには相当な年月がかかるんでしょう。

現地にはこのレベルのオリーブがゴロゴロあるんですかねぇ。
でもだからといってホイホイ運んでくるのは許容しがたい行為です。
オリーブオイルの精油のための農業は全然OK、むしろ応援したいくらいですが、
ただのシンボルツリーにするだけの為に、樹齢1000年の古木を運ぶ必要は無いわけですよ。
苗から育てろっつーの。
貴重な樹木をより環境の良い場所に移植する程度ならわかりますが、ただ単に売買の対象として遠い異国に運ぶのは理解不能。
私は不勉強なので西畠なにがしのことは知りませんでしたが、ビジネスのネタとしてだけでしか樹木を見ていない印象を抱きました。
しかもですよ、こんなパネルを作る方も作る方ですが、そこに名前を載せたり写真に登場してるだなんて。
悪趣味だとしか思いません。
そんな人に憧れていると勘違いされるだなんて、本当に最悪ですね。
  1. 2019/06/18(火) 21:47:14 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3823-2179d5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (649)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (7)
Nikon D850 (98)
Nikon D7000 (4)
RICOH GRⅢ (123)
FUJIFILM X30 (57)
GoPro HERO 7 BLACK (20)
未分類 (3)
巨樹の記録 (117)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30



-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: