FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪杭全神社の巨楠≫

850_1923-1-sn7.jpg
Nikon D850 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

≪大念佛寺のくすのき≫を見た後は、すぐ近くにある杭全神社(くまたじんじゃ)へとやって来ました。
ぶっちゃけて言うと、この杭全神社のついでに大念佛寺へと寄ったのでした(汗)。
ただそれが予想を反しての好印象だったことは、前回の記事に書いた通りです。

さて、この杭全神社には大阪でも有数のクスノキの巨樹があります。


↓↓↓




850_1909-1-sn7.jpg

いきなりその巨大な姿を惜しげもなく披露しております。
参道の端っこの方とか、境内の奥まったところとかじゃなく。
いかにも大阪っぽく、勿体つけずにストレートにドーンと。



850_1912-1-sn7.jpg

はやる気持ちを押さえつけ、あまり見ないようにして通り過ぎます。
まず先に参拝する方が落ち着くので、いつもそうしていますね、だいたい。
そして再びクスノキの元へ戻ってきてからじっくり向き合うことに。



850_1913-1-sn7.jpg

大きく広げた枝が見事。
青空に映えてとても清々しい気分になります。



850_1932-1-sn7.jpg

堂々とした幹は重量感があってとても力強い。
足腰の強い力士のようなイメージです。



850_1933-1-sn7.jpg

そして見上げればコレです!
じっとしている植物なのに妙に躍動感があって、なんだか今にも動き出しそうな。
いや、あくまでも錯覚ですけれど。



850_1938-1-sn7.jpg

主幹は折れてしまっています。
他にもこのようにいくつか補修された形跡があります。
通常こういう部分を見ると残念な気持ちになるんですが、このクスノキにはそれを陰と思わせない程の元気さを感じます。



850_1916-1-sn7.jpg

全体像は影絵のようなシルエットで。



850_1958-1-sn7.jpg

神社の壁沿いに車は通れない程の狭い通路があります。
ここは地元の方が日常的に通る道のようで、徒歩や自転車で行き来されている姿を沢山見ました。
日々何気なく通る道が、これほど立派なクスノキの枝の下にあるだなんて何か羨ましいです。



850_1950-1-sn7.jpg

恒例の自分比較です。

石の柵に囲われていて手が触れるほどにまでは近付けませんが、だからといって拒絶されている感覚はありません。
余所者の自分にですらとても身近に感じる存在でした。



850_1936-1-sn7.jpg

≪杭全神社の巨楠≫

大阪府大阪市平野区平野宮町2-1-67  杭全神社
大阪府指定天然記念物

幹周/9.4m、樹高/16m、樹齢/1000年


環境省のデータベースによると、1988年時点で幹周/7.85m、樹高/19m、樹齢/300年以上となっており、
写真の数値とは大きくかけ離れています。
そして大阪府の天然記念物詳細を確認すると、幹周/9.4m、樹高/16.5m。
恐らくこれが一番正しいように思いますので、その数字にしております。
樹齢に関しては1000年はさすがに・・・とは思いますが、まぁそのままにしておきました。

あとここには楠の社があります。
そしてこのクスノキを保護するための活動が行われているようで、その賛同者達の名前と奉納額が掲示されています。
個人名が並んでいるので写真は掲載しませんが。
私が撮影中にこのクスノキに向かって手を合わせている方もいらしたので、本当に大切にされているんだと実感。

心温まる良い巨樹訪問でした。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/04/11(木) 22:17:31|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<巨樹の記録 ≪法楽寺のくす≫ | ホーム | GRⅢというカメラ>>

コメント

少し出かけていた間に怒涛のクスノキ・ラッシュではありませんか 笑
それもどちらもまだ未訪問の巨樹です。これは嬉しい!

ひとまず落ち着いてこちらの巨樹から読ませていただきましたが、え?これが市内なの?と驚くくらい大胆に枝葉を伸ばす立派なクスですね。市内のクスはまだ東三国のものしか訪問していませんが、あちらは如何にも窮屈そうに生長していたので市内のクスというとどうしてもそんなイメージがありました。我々がクスの巨樹に期待する要素を惜しみなく発揮してくれていて嬉しくなってしまいます。やっぱりクスは健康的であってほしいし、地域に大切にされていてほしい。平野区は京都方面からのアクセスがいまいち良くないので後回しにしていましたが、これはまた今年の楽しみができました!
  1. 2019/04/13(土) 16:34:05 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

巨樹を見に行くのは楽しくていいのですが、記事にするのがなかなか大変でして。
いや、まぁ誰に頼まれている訳でもないんですが、記事にできていない巨樹がたまってくると焦ってしまい、
できる時に勢いで連投してしまうのです(笑)。

こちらの神社は駅からもすぐなので電車で回る方が便利がイイかもしれませんね。
車でも駐車場があるので(境内の中クスノキのすぐ近く)安心して立ち寄れますよ。
そんな都会の中にあっても、大きく伸び伸びと育っているクスノキで良い環境だと思います。
地域にもしっかり溶け込んでいて、手厚く保護されていて安心して見ていられましたよ。
  1. 2019/04/14(日) 16:04:29 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

同じく、出かけている間に楠のラッシュ! と驚いてました。
本当に大阪には楠の巨樹が多いんですね。
しかも、まさに我々の期待に応えてくれるストレートなクスノキぶり(変な言葉)。

こうしてどっしりと構えていてくれれば、安心してご神木として慕うことができるというものですね。
神社としても鼻が高いのではないでしょうか(神社の名前、読めませんでした笑)。
まだ寒い時期でも、楠の巨樹を見ると、なんだかあたたかな気持ちになれそうですよね。
  1. 2019/04/15(月) 20:11:22 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

気分的に早く記事にしないと次見に行けないような気がして(笑)。
我々の期待に応えてくれるストレートなクスノキ・・・うん、いい表現ですねぇ。
いつ行っても裏切られることのない存在でしょう。
変な感覚ですが、こういう立派な巨樹があると神社としての格というか有難味が一層増すような気がします。
神社としても大切に扱っているんだと思いますね。

大阪の地名は読みにくいというか、知らないと読めないものが多いんですよねぇ(笑)。
  1. 2019/04/15(月) 21:50:41 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3767-959d31b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (649)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (7)
Nikon D850 (98)
Nikon D7000 (4)
RICOH GRⅢ (123)
FUJIFILM X30 (57)
GoPro HERO 7 BLACK (20)
未分類 (3)
巨樹の記録 (117)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30



-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: