FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪瀧樹神社の天狗杉≫

850_1714-1-sn7.jpg
Nikon D850 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

≪油日神社のコウヤマキ≫を見た後は、同じ甲賀市内にある瀧樹神社へとやって来ました。

幹周6m台のスギというのは正直なところ、特に目を引くサイズではありません。
もちろん目の当たりすれば『大きいなぁ』とは感じますが、わざわざ行くほどのモノなのか?
そう思っていた時期が私にもありました。
しかし諸先輩方の写真を拝見し、これは見に行くべし!そう素直に思えたのです。


↓↓↓




850_1679-1-sn7.jpg

スギの木立に囲まれた参道を歩くのは気持ちいいですね。
人気も無く、一気に神聖な雰囲気に包まれます。

まずはしっかりと参拝し、目的の天狗杉を探します。
適当に境内を歩いていると・・・。



850_1688-1-sn7.jpg

それらしいシルエットが。
この中は立入禁止ですので、とりあえず道なりに進んで行くことにします。



850_1778-1-sn7.jpg

すると川沿いの場所に出ました。
こちらが正式な神社の門になるのでしょうか。
だとするとすぐに天狗杉の姿を拝むことができます。

左側にある白っぽい樹は、ムクノキです。
(天狗杉はその右奥)



850_1766-1-sn7.jpg

ムクノキは歪な形をしておりますが、なかなかのサイズ。
幹周3~4mくらいあるでしょうか。



850_1701-1-sn7.jpg

前述しましたが、こちらは立入禁止区域なので注意が必要です。
春を告げる花としてとても貴重な絶滅危惧種のユキワリイチゲの群生地だそう。



850_1775-1t-sn7.jpg

一面に花が咲くには時期が早かったみたいですが、少し咲いていました。
ピーク時には、花好きなカメラマンで賑わうんでしょうね。
この日も数名いらっしゃいました。
まぁ自分は巨樹目当てですから、こっちはついでです(笑)。



850_1713-1-sn7.jpg

駐車スペース?からすぐのところ、参道の入口周辺に天狗杉は存在します。
周囲の樹々に陽を遮られているようで、少し薄暗く見えますね。



850_1731-1-sn7.jpg

そのせいか、思っていたより樹高もありそうです。
そして驚いたのは、これまでに見たこともないような立派な樹名板。
とても高級そうな石でできてます。



850_1747-1-sn7.jpg

天狗杉の札。

幹周6m台とは思えないほどどっしりとした根元部分。
貫禄さえ感じるほどです。
これに惹かれて来たようなもので、その期待を裏切らない姿に大満足でした。



850_1748-1-sn7.jpg

上部はいくつかの幹に分かれており、すでに欠損している部分も。
若いスギではありえない歴史の重みを感じます。



850_1716-1-sn7.jpg

葉が付いているのは最上部に近い部分のみ。
やけに枝が少ないように感じますが、やはり日当たりが関係しているのかもしれませんね。



850_1738-1-sn7.jpg

≪瀧樹神社の天狗杉≫

滋賀県甲賀市土山町前野155

幹周/6.82m、樹高/38m、樹齢/600~700年


天狗杉という呼称を持つスギは、他地域にいくつかあります。
いわゆる天狗伝説的なものが関係し、昔からそう呼ばれているのでしょうね。

それはそうと、これだけの樹齢であればもう少し幹周が太くてもいいような気がしてなりません。
目にした実際の印象(樹皮・姿・オーラ?)で言うと、樹齢は合ってそう。
樹高がそこそこあることから、やはり陽を求めて横よりも縦に成長したのかと想像します。
でもそんな夢のない想像より、この足元いっぱいに広がる小さな絶滅危惧種のために養分を分け合っている。
そう考えたくもなるんですよね、勝手な人間代表としては・・・。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/28(木) 21:20:12|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<名物 | ホーム | トンネル ○と□>>

コメント

ウラスギやこの天狗杉のように大きく枝分かれするタイプのスギの魅力は単純な数値では計りきれませんよね。甲賀周辺の巨樹は僕もチェックしていますが、これだ!という1本が無いかわりに小結クラスの巨樹が密集していてルート決めで悩んでしまいます。(このスギももちろんマップにチェック済みですよ 笑)

このスタイルで幹周7m行かないくらいですから、きっと枝(幹)分かれしている箇所は8m以上になるでしょうし、実際目の当たりにすると相当な迫力だろうというのが伝わってきます。

このエリアの巨樹はどうも気取ったところがないというか、案内板を読んでもハッタリで飾り付けようという気概が見られないところにも好感が持てます。まあハッタリ満載のぶっ刺し伝説なんかもそれはそれで面白いので一概には言い切れませんが。何となく地域性みたいなものが現れているようで良いですね。
  1. 2019/03/30(土) 21:07:00 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

6メートルクラスは通好みの曲者が多くて面白いぜ!
とかって、リサーチと訪問は大変ですよね。笑
その中から記憶に残るものを見つけられるととても嬉しい。
前に立つと幹周の数値以上に印象に残るものが多いのも、このクラスですね。

立派な解説板。みかげ石ですか?笑
神社名のいわれもそうですし、ここからもこの神社に天狗杉が欠かせない存在であることがうかがえますね。
周囲にある杉たちと比べるとその気配、威容が明らかに異なっている。
その昔はさらに鬱蒼とした森の中にあったのかもしれない……そう思わせる姿ですね。
  1. 2019/03/31(日) 09:14:30 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

to-fuさんもめちゃくちゃチェックしてますね(笑)。
確かにこの辺りは超一級品の巨樹はないですが、今後が楽しみな小結クラスはゴロゴロしてますから
その選択に悩ましいんですよねぇ、比較的アクセスもしやすいですし。

そうですね、最大幹周は8mくらいはあるかもしれませんね。
すぐそばまで行けないのは残念ですが、その分何だか神秘的な存在にも思えるんですよ。

巨樹に無理矢理にでも箔をつけて観光の目玉に・・・という感じはまったくなくて、
手厚く保護する方向な感じがして好印象です、こういうの。
ぶっ刺し伝説はもう巨樹界の伝統芸能みたいなもんですから、まぁあれはあれで受け入れる心の広さができました(笑)。
  1. 2019/03/31(日) 21:47:31 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

6mクラスはそこそこ数もあるのでリサーチ&選択が大変ですね。
でもまぁ好きでやっているので楽しいわけですが(笑)。
言っちゃあ悪いですが10mクラス程の大きな期待がない分、冷静に見ることができますし、
このように想像以上にインパクトある巨樹に出会えるのは嬉しい限り。
まったくもって通好みの巨樹でした(笑)。

みかげ石・・・ですかね?
そっち方面は不得手なのでアレですが、とにかく高そうでした(笑)。
実はこの神社のHPを見てビックリしたんですが、事業紹介とか会社情報なんかが記載されていて、
ある意味やり手の神社なのかなぁと思いました。
だからこそ、巨樹を含め神社全体に手厚い保護ができるのかと関心しましたね。
天狗伝説もあってしかるべし・・・そう思わせる雰囲気がありました。
このスギに相応しい名前だと思います!
  1. 2019/03/31(日) 22:15:28 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3757-93284d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (650)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (7)
Nikon D850 (109)
Nikon D7000 (4)
RICOH GRⅢ (134)
FUJIFILM X30 (67)
GoPro HERO 7 BLACK (22)
未分類 (3)
巨樹の記録 (121)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30



-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: