FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪大馬神社のスギ≫

850_0653-1-sn7.jpg
Nikon D850 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
(写真はすべてクリックで拡大)

三重県南部に位置する熊野市は、海と山を有する自然豊かなエリア。
そして世界遺産である熊野古道が通るいにしえのロマンを感じる場所なのです。

もちろんそんな場所でありますから、巨樹も豊富に揃っています。


↓↓↓




850_0616-1-sn7.jpg

車で片道3時間かけてやって来たのは、大馬(おおま)神社です。
創始は明らかでないものの、平安時代から祀られている神社。
恒武天皇の頃に坂上田村麻呂がこの地を荒らす賊を討伐し、賊の頭の首を埋めた上に社殿を建てたのが始まりだとか。
その後、智興和尚がこの話を聞き参詣しようとしたところ、坂上田村麻呂の霊が出現して案内したという。
その霊が大きな馬に乗っていたことから、大馬神社と呼ばれるようになったのだそう。

2011年の台風によって鳥居や橋が流されるという甚大な被害があったようです。
訪問時、橋は新しく掛けられていましたが、今なお完全に修復されてはいないのかもしれません。

車を停め神社の前に立つと、早くも境内の中にいくつもあるというスギの巨樹の気配が漂います。



850_0694-1-sn7.jpg

幹周5m程でしょうか。
まずはジャブをかましてきます。



850_0625-1-sn7.jpg

そして鳥居脇に見応え充分のスギが姿を見せます。
もうストレートパンチを食らってしまったような気さえします。



850_0626-1-sn7.jpg

幹周、表皮、枝振り、存在感とも申し分ありません。
このスギが大馬神社の主であっても全然おかしくありません。



850_0631-1-sn7.jpg

参道の石畳を破壊するほど根も成長しているようです。



850_0634-1-sn7.jpg

≪大馬神社の鳥居脇のスギ≫

幹周/7.7m、樹高/35m、樹齢/不明



850_0636-1-sn7.jpg

この日は天候が良かったにも関わらず、参道は暗さを感じるほど。
それくらい高い樹々が密集しています。
そして側を流れる川音以外は静寂に包まれています。
こんな神聖な雰囲気を味わえるのも、巨樹趣味の醍醐味であります。



850_0643-1-sn7.jpg

石畳の参道をしばらく進むと社殿が見えてきました。



850_0655-1-sn7.jpg

この大馬神社最大の幹周を誇るスギを通過しましたが、いつものようにまずは参拝を済ませます。
そして社殿右側にも巨樹の姿があります。



850_0657-1-sn7.jpg

どちらも幹周5mオーバー、樹高も30mは軽く超えているでしょう。
いやぁ、素晴らしい。



850_0645-1-sn7.jpg

そしていよいよ最大の幹周を誇るスギとじっくりと対面します。
ただでさえ暗い境内、そして陽の当たらない北側の幹には苔がビッシリ生えています。



850_0647-1-sn7.jpg

ご覧のように二本の合体樹です。
陽を求めた結果なのでしょう、樹高もかなりのものです。



850_0648-1-sn7.jpg

夫婦杉の表記。
サイズの割にあまり樹齢を感じさせません。
むしろ他のスギの方が古いように感じます。



850_0668-1-sn7.jpg

恒例の自分比較です。


≪大馬神社の夫婦杉≫

三重県熊野市井戸町4333 大馬神社

幹周/8.7m、樹高/45m、樹齢/不明


巨樹趣味の諸先輩方も述べられていますが、幹周の8.7mは少し大袈裟な印象を受けました。
この自分比較写真は一番太く見える位置で撮っていますので、そうは感じないかもしれませんが・・・。
個人的な意見としては、この夫婦杉よりも鳥居脇のスギの方が見応えがあります。

そして、いくつかのスギの巨樹が存在する神社ですが、単体のスギの圧倒的な存在感を期待するのではなく、
スギの巨樹群&神聖な神社の雰囲気&滝(参道右手)を味わうということに期待して参拝されるのが良いかと。
熊野市恐るべし・・・初っ端からそう思える神社でした。


つづく・・・



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。



テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/05(土) 23:11:13|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<巨樹の記録 ≪飛鳥神社の四本杉≫ | ホーム | 4日目>>

コメント

この巨樹は京都から行くとしたらルート的にちょっと離れているので厳しそうだと諦めていたところではありませんか!真っ直ぐ熊野に向かうにはちょっと脇道へ逸れたところではなかったですか?地図を見て道が細そうだとビビった記憶があります 笑

仰るように鳥居脇の大杉の方が年季が感じられますね。やはり神社という場所柄か何やらご利益もありそうな「夫婦杉」が重宝されるのでしょうか。でもRYO-JIさんとの比較写真を見る限り、これはこれで相当迫力がありそうですが。苔生した樹皮もまた如何にも山奥の大杉だ!という貫禄を感じます。境内に生えている杉の幹周アベレージが高そうなのでちょっと目立たないのかもしれませんね。

しかし流石というか、熊野は本当に雰囲気いいですねえ。
  1. 2019/01/06(日) 21:42:33 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

こんな所まで一旦はシュミレートしていたんですねぇ。
さすがに京都からだとかなりの時間かかるでしょう。
おっしゃる通り、熊野の中でも走りやすい国道を逸れた場所にあるので余計に厄介です。
もちろん道も細いです(笑)。

年季は明らかに鳥居脇のスギに軍配が上がります。
しかし、やはり夫婦に例えられるわかりやすさと、あとは場所ですね。
夫婦杉は社殿の真ん前ですからね(笑)。
もちろん夫婦杉も見応えはありました。
それと同時に他の巨樹にも興味が移ったので、単体としての印象は少し弱くなってしまったのかもしれません。
なんて贅沢なボヤキなんでしょう(笑)。
そして山の中にある神社だけあって人の気配はゼロ、もちろん誰にも会いませんでした。
孤独の中で対峙できるという贅沢を味わえます。
いいです、熊野!

  1. 2019/01/06(日) 23:08:03 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

新春巨樹スペシャルですね!
この、5メートル超えて当たり前みたいなアベレージの高さからは、やはりここは霊力を帯びた土地なのだ……という、ある種のリアリティのようなものを感じさせますね。

おっしゃる通り、場所の霊力を感じるべきであり、その中にあっては、どの巨樹も比較的平等なのかもしれませんね。
一応、立ち位置も大きさもいいから、この夫婦杉を代表として挙げているだけ、のように思いました。
でも……でかいですよ、これ! 汗
  1. 2019/01/08(火) 13:01:27 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

怒涛の巨樹スペシャルです!
年末年始とほとんど写真も撮っていないのでここぞとばかりにね(笑)。

霊力を帯びた土地というのは、こういう場所のことなんだと実感できましたよ。
その手の感度が低い自分でもそう思えたくらいですから。
巨樹群もそうですが、植物分布上貴重な森でもあるそうです。

夫婦杉は確かにデカかったです。
しかし、下から見上げるような立地にあったらもっと印象も違ったのかなぁと。
参道の階段を登り切ったら右側にあった・・・みたいな見え方でその点が少し損をしてそうです。
まぁあくまでも期待して見に行った自分の主観でしかなく、夫婦杉の価値が減る訳じゃありませんけど(笑)。
  1. 2019/01/08(火) 20:50:53 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3688-0f52fa6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を撮っています。
巨樹訪問もやってます。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!


※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。


-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30
・GoPro HERO 7 BLACK


-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

巨樹の記録 一覧表 (1)
巨樹の記録 (131)
LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (650)
Nikon F2 (338)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (9)
Nikon D850 (145)
Nikon D7000 (6)
RICOH GRⅢ (189)
FUJIFILM X30 (107)
GoPro HERO 7 BLACK (28)
未分類 (4)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: