FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪福王神社の千段杉≫


NIKON D7000 + TAMRON 18-270mm/f3.5-6.3
(写真はすべてクリックで拡大)

この日やって来たのは、三重県の北西部にある菰野町。
湯の山温泉や御在所岳など、観光客や登山客が多く訪れる鈴鹿山脈の東山麓に位置する町である。

ちょっと大袈裟に言うと、暇さえあれば巨樹を愛する諸先輩方のサイトをよく眺めている自分。
あまり遠方のエリアを見ても、なかなか訪れる機会がないので、どうしても近場が多いんだけれど、
そんな中でもずっと気になっていたのがこの巨樹である。


↓↓↓




DSC_6542-1-sn7.jpg

福王神社。

とてもじゃないけど車以外ではたどり着けないような山の中腹。
いやでも、ここからの景色も良かったし、近場にあるなら自転車でちょっとヒルクライムするには丁度いい感じの坂。

参道もずっと階段状になっていて、その周囲は高い木々が林立している。
なんかとても雰囲気があって期待できそうな予感。



DSC_6539-1-sn7.jpg

ん?なになに?
社伝には、敏達天皇さんや聖徳太子さんの記述があるとか。
結構由緒ある神社なのだろう。

そして、天狗信仰の伝説も多い土地だとか。



DSC_6541-1-sn7.jpg

上記案内板の下には、ゴルフクラブを改造した杖がたくさん用意されている。
参拝客に対しての心遣いがスゴイ!

自分は、『まぁ大丈夫、必要ないだろう(たぶん)』と使わなかったけれど(笑)。



DSC_6655-1-sn7.jpg

この日は猛暑であったけれど、少し高台とはいえ信じられないくらい涼しく感じた境内。
で、杉の巨樹が林立する境内でもあった。
おかげでなかなか進まないという・・・。



DSC_6662-1-sn7.jpg

鳥居の所から、そこそこ登ってきた。
5分か10分かでようやく拝殿が見えてきた。



DSC_6566-1-sn7.jpg

手水舎で身を清め・・・。
この柄杓置き、珍しい。



DSC_6616-1-sn7.jpg

まずは参拝。

そして拝殿を過ぎ、帰路へと向かうルート上にある目的の巨樹といよいよご対面・・・となる筈が、
ああぁ、なんてこった!
ルートを誤るという痛恨のミス!!

本当は、鳥居をくぐりしばらく進むとY字に道が分かれ、順路としては左側へと進むのが正規ルート。
しかし、その分岐の所にトイレがあって、ずっと我慢していた(控えめに言っても漏れそうだった)ので、
まずはトイレに駆け込んだのだ。
で、ホッとしたまでは良かったんだけれど、その後にあろうことか右側に進んでしまった。
つまり逆走し、参拝前にあっさり目的の巨樹とご対面(汗)。

とまぁ正直にそのまま書くと記事の構成上非常に進めにくいので、正規ルートで行った体でお届けしております(笑)。



DSC_6573-1-sn7.jpg

前置きが長くなったけれど、これが目的の千段杉である。

杉の巨樹が林立する境内において、この千段杉だけが明らかに異質。
樹形はもちろん、風格が段違いである。



DSC_6564-1-sn7.jpg

杉の巨樹として、その幹周は控えめ。
もっと言うと、この千段杉と同等かひょっとすると超えているんじゃないかと思う杉が境内には何本もある。

でも、存在感はこの千段杉が突出している。
たくさんの園児、ガタイのいい青年達、その中に数えきれない程の皺と傷を刻んだ白髪の武術家が静かに仁王立ちしている。
そんな感じだろうか。



DSC_6559-1-sn7.jpg

しかし、生命体としての活動は終焉を迎えようとしているのかもしれない。

梅雨明け後なので、幹を覆う苔や周囲の葉が青々としており事前のイメージ程ではなかったけれど、
季節が違えばもっと白骨化した本来の姿を現すのだろう。



DSC_6579-1-sn7.jpg

上部にいけばよりその姿が顕著に。

一本、また一本とこれらの大枝が折れて落下していく様が想像できる。
それくらいに壮絶な姿をしている。



DSC_6608-1-sn7.jpg

恒例の自分比較。

玉垣に囲われていて近寄れないのは残念だけれど、この千段杉の状態を考えると至極納得。
残りの寿命はどれだけあるかわからないけれど、一年でも長く生きていてほしい。



DSC_6556-1-sn7.jpg

≪福王神社の千段杉≫

三重県三重郡菰野町田口2404 福王神社

幹周/6.6m、樹高/38m、樹齢/800年



この老木の名称に関して。
3枚目の写真の案内板には、境内には<太子杉>と<千段杉>という二本の巨樹が存在すると読める記載がある。
しかし、こちらの案内板には、<太子杉>=<千段杉>とも読める記載があって正直よくわからない。

でもまぁ、この老木前にある案内板には<千段杉>となっているので、ここでは≪福王神社の千段杉≫とした。
樹齢も400年とか1000年とか1200年とかいう記述もあって、実際はよくわからないけれどこの案内板を参考にした。



DSC_6633-1-sn7.jpg

先程から何度か述べているように、この福王神社には他にも立派な杉が林立している。
千段杉以外にも、幹には縄を巻かれ根元には鳥居や祠が設置されている御神木のような巨樹が二本あった。



DSC_6648-1-sn7.jpg

これでなんとなくイメージしてもらえるだろうか。
ざっと見て、幹周4~6mクラスが10本以上はあったかなぁ。

そんな神社なので、境内は荘厳な雰囲気に満ち溢れていた。
本来の参拝するという目的だけでもオススメできる神社。


つづく・・・



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2018/08/01(水) 21:34:40|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<高級椅子じゃなくていい | ホーム | phone>>

コメント

僕も暇なときに何度も先輩方のサイトで眺めました 笑
先輩方の写真よりも健康そうに見えましたがなるほど、確かに単に季節柄青々として見えただけかもしれません。そう言われてみるとスギに生える点々とした緑も明らかにスギの葉とは違いますね。しかしこのてっぺん辺りの枝のうねり、何とか光を得ようともがいているようで胸を打ちます。生きてくれているうちに自分も訪問してきます!
  1. 2018/08/02(木) 21:40:24 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

近畿地方の印象の一つなのですが、この森のシャドウが暗い感じ……本能的に霊異なものを信じてしまいそうです。
案内して頂いた室生寺もそうでしたが、飛び抜けて巨大ではないながらアベレージがすごいんですよね。みんな御神木クラスだろ、という……。
確かにこれはちゃんとトイレに行ってから挑んだほうがいいですね。

先達の方の文章も読んでみましたが、千段杉は確かに、大きさよりもその「生き尽くした」感に圧倒されるタイプ。
これって結構難しく、下手をすると痛々しくみすぼらしくなってしまう。
老いつつ立ち続けることの難しさ……人間も一緒かもしれませんが。
かなり枝葉が減っていますが、そうですね、一年でも長く立ち続けて欲しい姿です。
  1. 2018/08/03(金) 12:18:43 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

見ますよね、諸先輩方のサイト(笑)。
かなり重宝してます!

変な言い方になりますが、もっと死に体の姿だと思って見に行ったんですが、
ちょっと違っていたんですよね。
確かに見た目は余命僅かに感じるんですが、何というか魂はまだ宿っている。
そんな印象です。
てっぺん辺りの枝は、精いっぱい生き延びようとした証みたいなもんでしょうね。
ルートを間違えないように行ってください(笑)。
  1. 2018/08/03(金) 20:35:05 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

先日の福井を除けば私はまだ近畿地方周辺しか知らないので、そういう実感はありませんけれど
エリアによって森の雰囲気にも違いがあるんですねぇ。
そうですね、室生寺に共通するようなアベレージの高さがありました。
この福王神社は更に人の気配も少ない場所なので、レア度はより高いです。
トイレ、そう、しっかり向き合うためにスッキリしておくのは重要です。
でもなぁ、アプローチを間違ってしまったのが悔やまれます(汗)。

昨今のスポーツ界では、何かと「老害」と言われるような事象がニュースを賑わせていますけれど、
元気なのはいいとしてもあれは本当にイケマセンね。
痛々しくみすぼらしくなるのもダメですが・・・ほんとその加減は難しい。
まさに樹も人間も一緒でしょう。
この千段杉のように、凛とした精神と静かに振る舞える人格者でありたいと思います。
  1. 2018/08/03(金) 20:45:57 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3548-f0cea158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (649)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (7)
Nikon D850 (98)
Nikon D7000 (4)
RICOH GRⅢ (123)
FUJIFILM X30 (57)
GoPro HERO 7 BLACK (20)
未分類 (3)
巨樹の記録 (117)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30



-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: