FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪白山神社のカツラ≫

DSC_6183-1-sn7.jpg
NIKON D7000 + TAMRON 18-270mm/f3.5-6.3
(写真はすべてクリックで拡大)

前回からのつづき・・・

予想を大きく覆し、驚きと喜びを味わった≪専福寺の大欅≫の後に我々が向かったのは、
同じ大野市にある白山神社。


↓↓↓




DSC_6147-1-sn7.jpg

20分程の移動時間だったけれど、緑に包まれた静かな場所(つまり山の中)。
周囲に民家らしき建物が数件あるけれど、どこも人の気配がしない。
廃村だろうか・・・にしてはまだ廃れていないしなぁ。

道路右手に「白山神社 大かつら」の看板が見える。

余談だけれど、後で掲載する石碑には「白山神社のカツラ」とある。
大かつら?カツラ?
仮名かカタカナかはともかく、「大」が付くのか付かないのか・・・。
こういうのは、是非とも統一していただきたいのが本音。



DSC_6199-1-sn7.jpg

そして目的のカツラは、道路からも見える場所にひっそりと存在した。
いや、ただひっそりしているんじゃなくて、その辺りから強烈なオーラが出ている。
あれ、矛盾してる?

うん、自分でも何言っているかわからない(笑)。
つまりどう表現していいか混乱する程だということ。



DSC_6164-1-sn7.jpg

実は、カツラの巨樹を見るのは初めて。
そんなカツラ初心者のクセに、いきなり幹周14mを超える全国レベルの大物を目にしたので、
かなり冷静さを欠いていたのかもしれない。

雨も降っているし、薄暗い場所だったけれど、見上げると新緑が美しく瑞々しい。
またカツラの特徴であるハート型の葉っぱがカワイイ。
炎が立ち上がっているかのような姿の幹とのギャップが面白い。



DSC_6167-1-sn7.jpg

カツラの周囲には、数トンクラスの大きな岩が何個か転がっている。
こんなものがぶつかってきたら、流石のカツラもただでは済まないだろう。
たまたま直撃を免れたのか、それとも岩が転がってきた後にカツラが生えてきたのか。



DSC_6171-1-sn7.jpg

すぐそばに道路が見える。

ちょっと残念なのは、このトラロープ。
神社の鳥居横にあるこの神々しいカツラには、まったく相応しくない。
偉大なるカツラは、そんなちっぽけなことをいちいち気にもしないだろうが、
ちっぽけな存在のこっちは大いに気にするのだ(笑)。



DSC_6180-1-sn7.jpg

主幹と呼ばれる存在は見当たらない?
いくつかの立派な幹と無数の枝で構成されており、特に下部の密集具合が凄まじい。
一つの巨大な塊にしか見えない。

一説には、樹齢1300年。
そう聞いて素直に受け入れてしまいそうになる程の雰囲気がある。



DSC_6197-1-sn7.jpg

雨も降っているし、今回も横着して三脚は持ち出さず。
しかし案の定、暗くて撮った写真はブレが多く発生していた。
かといって無闇に感度を上げるとノイズが・・・。
技術の進歩が早いデジタルにおいて、D7000は流石にもう設計やら何やらが古いし、
こういうシチュエーションにおいてはツライ(涙)。

狛さんのK-1のフレキシブルチルト式液晶モニターっていうんですか、いいなぁアレ。



DSC_6204-1-sn7.jpg

手前に一本違う樹が写ってしまうわ、全形を撮るのはムリだわで、なかなか撮影者泣かせ。

これだけの巨樹だけれど、街から離れた山の中にあるせいか人が訪れることも滅多にないのだろう。
でもこのカツラにとっては、安住の地なのかもしれない。



DSC_6207-1-sn7.jpg

カツラの周囲には水がある。
諸先輩方や文献にはそう書かれていることが多い。

その教え通り、このカツラ付近にも清水が流れていた。
しかも、清流が無いと育たない沢わさびが栽培されており、清涼な水に恵まれた場所であることがわかる。
だからこそカツラがここまで大きく育ち、いまなお生命力に満ち溢れた姿をしているのだろう。

根周辺は、瑞々しい緑の絨毯が広がっている。
これを見ているだけで、心が満たされていくのを感じる。



DSC_6188-1-sn7.jpg

こんなことを書くと、「コイツ、ええ歳してそんなこと言うて、頭がオカシイ!」と思われるだろうけれど、
妖精が住んでいるんじゃない?と感じるような場所だった。

逆の言い方をすれば、ええオッサンがメルヘンチックでファンタジーな世界を妄想してしまうくらいの場所なのだ(笑)。



DSC_6195-1-sn7.jpg

≪白山神社のカツラ≫

福井県大野市下打波 白山神社
福井県指定天然記念物
新日本名木100選

幹周/14.5m、樹高/28m、樹齢/300年以上
(環境省データベース 2001年調査)


朝から降り始めた雨。
最初はまばらだったけれど、時間の経過とともに次第に降水量も増えてきた。

ただ単に写真を撮るという行為だけが目的なら、もちろん雨なんか降っていない方がいい。
しかし、カツラの特性なのかもしれないけれど、カツラを見るならむしろ雨がいい。
そういう意味でも、新緑と水に包まれたこの≪白山神社のカツラ≫は現実世界にあるとは思えない一本であった。

心残りは、歴史ある大野市でゆっくりできなかったこと。
かつての城下町の面影を強く残した市街地を撮り歩いたり、400年の歴史を持つという七間朝市も見たかったなぁ。
でもねぇ、巨樹巡りの旅にそんな時間的余裕はないのだ(笑)。


つづく・・・



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2018/06/20(水) 21:14:38|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<巨樹の記録 ≪西光寺の大杉≫ | ホーム | 城・・・ではない>>

コメント

堂々たるカツラでした。
僕も、関東平野にはほとんどカツラがない関係上、立派なのを見たのはこの旅が初めてでしたが……複雑な形状の中に、何か不思議な世界観を感じますよね。

RYO-JIさんと巡った巨樹たちは、雨もさることながら薄暗いところも多く、僕もブレ写真が多かったです。笑
フルサイズになっていかに好感度が有効になったからと言っても、やはり欲をかくもので、つい低い感度設定にしてしまうものです……。
やっぱり余計に枚数撮っておくしかないのかと。

遠くまで出かけたら、やっぱりゆっくり街も味わいたいですよね。
けれど、欲張ってしまってすみません……。
勝山・大野にはまた行こうと思うので、その時はゆっくり街も見渡してみたいです。
ここだけでもいいですもんね。

  1. 2018/06/20(水) 22:32:17 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

僕は色々な樹種の中でもカツラの巨樹がかなりの上位に来るくらい好きなので、このカツラは絶対に訪問しようと思っています。
そして周囲のこの溢れんばかりの緑!いや、ホントここ山奥だとばかり思いこんでましたよ。30分登山でようやく出会える…みたいな。
それくらい浮世離れした風景です。本当に素晴らしい。

巨樹メインで動くとどうしても街歩きがおろそかになりますが、むしろ普通に生きていたら来る機会の無かった場所の魅力を知る良い機会だと考えるようにしています。こんないいところがあったのか、また来てスナップしてみよう!とか。(でも実行しようと思うと、時間とお金が追い付きません 笑)
  1. 2018/06/21(木) 21:41:31 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/06/21(木) 21:46:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

今回の福井旅の中でも、岩屋の大杉の次に期待していたのがこのカツラでした。
そして期待を上回る感動を味わえて良かったです。
あの瑞々しい周囲の環境、そういう世界観が素晴らしかったですよ。

カメラ機材に関しても色々と考えさせられる旅でしたね。
近場ならともかく、やはり出来得る限り最高のモノを用意したいなぁと。
狛さんとK-1コンビが羨ましかったです、正直なところ(笑)。
そうそう、数は撮っておかないと駄目ですね。

いやいや、今回は巨樹尽くしで良かったですよ。
あれだけの範囲に見たい巨樹だらけでしたから。
それを行かずに街歩きしていたら、巨樹に対して心残りあること間違いないですから(笑)。
心に余裕を持って再訪した時まで楽しみにとっておきますよ。
  1. 2018/06/21(木) 21:55:35 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

ええ、ここは是非とも行ってください!
to-fuさんのように登山込みの巨樹訪問が多い方からしたら、ちょっと呆気ないくらいで
はるばる来たぜ~的な達成感はないですけどね(笑)。
まぁそれ抜きでもこれは素晴らしかったです。
このカツラを見たことで、あの藤坂のカツラに俄然興味が出てきましたよ(笑)。

確かに巨樹が無かったら一生行かないであろう場所ですよね。
それが巨樹がきっかけで、接点ができ、そこに興味を持つことができるし、なんかいいですよね、そういうの。
時間とお金は限りがあるのがツライとこです(汗)。
  1. 2018/06/21(木) 22:04:16 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

> 鍵コメさん

了解しました。
こちらこそよろしくお願いします。
  1. 2018/06/21(木) 22:05:41 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしい〜〜
いいものを見せていただきました
大木ではなく細い幹の集合のような風情も葉っぱが涼やかに空に広がるのも素敵です
こういう感じがスゴく好きなんです
多分この葉の様子、どこかで見ていいなあと見上げた木がこの木だったのかも… 
神代植物園なのかもしれない(曖昧な記憶)
桂と言う名の樹木を初めてきちんと認識出来ました
ありがとうございます

ブナの森って感じがします
ここはきっと妖精がいますね♪


  1. 2018/06/22(金) 11:53:57 |
  2. URL |
  3. carmenc #-
  4. [ 編集 ]

> carmencさん

嬉しいコメント、ありがとうございます。
私も初めて見たカツラの巨樹にすっかり引き込まれました。
細い幹の集合体で一本の太い樹からすれば、やや反則気味?みたいな感じかもしれませんが、
物凄く見応えがあって見ていて飽きませんでしたよ。
ここの雰囲気は心地良くて、巨樹好きじゃない方でも絶対に癒されると思います。
そう、絶対に妖精がいますよ(笑)。
神代植物園、東京のような大都会にも面白そうな所がありますね。
  1. 2018/06/22(金) 21:02:07 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3504-0039af07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (643)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (5)
Nikon D850 (3)
Nikon D7000 (4)
FUJIFILM X30 (30)
未分類 (3)
巨樹の記録 (66)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。
フィルムカメラで気になるモノを、
気負うことなく撮っています。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・NIKON F2
・NIKON F801s


-手放したカメラ-
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: