FC2ブログ

The B grade ・・・

絶景そしてニホンカモシカ

x18-090-r-sn9.jpg
FUJIFILM X30

大台ケ原。
日本百名山、日本百景、日本の秘境100選、山全体が特別天然記念物、ユネスコエコパーク。

そんな場所を舞台に、年一度ヒルクライムレースが行われている。
ヒルクライムレースとは、主にロードバイクで山や峠などの登坂タイムを競うもの。
自分はレース志向ではないので出場はしないけれど、こんな秘境なのに毎年600人程が出場している。
けれど毎年トレッキングで行っている大台ケ原を、自分の自転車でも走ってみたいなぁと常々思っていた。
しかし、かなりハードなコースなのでこれまで躊躇していたのも事実。

でも・・・、次第に欲望が上回って梅雨入り前に思い切って行ってみた。


↓↓↓




x18-078-r-sn9.jpg

自宅から車に自転車を乗せ、運転すること2時間。
もうそれだけで疲れるんだけれど(笑)。

ヒルクライムコース前で、この日の作戦を思い返す。
レースじゃないので、マイペースで登る。
往路の登りはノンストップで、復路の下りで写真を撮ろうと。

よって、この先の写真は復路の下りで撮ったもの。



x18-107-r-sn9.jpg

コースは、最初の8km程は平坦もしくは緩斜面。
次の9km程が激坂区間。
そしてドライブウェイに合流してからの10km程がアップダウン。

距離27kmで1300m程の標高を駆け上がるのだ。



x18-080-r-sn9②

で、緩斜面区間が終わる頃、突然左上からガサガサと音がする。
思わず振り返って見上げると・・・。
なんとニホンカモシカ!!

ノンストップ作戦はどっかに吹っ飛んで、とりあえず止まって撮る(笑)。

これのみ往路の登りで撮影



x18-104-r-sn9.jpg

激坂区間の始まり。
凶暴なヘアピンカーブ。



x18-103-r-sn9.jpg

伝わるかなぁ、この高低差。

いくらレースとはいえ、プロでもないのにこんなコースを一分一秒を競って登るなんて・・・。
やっぱり自分には無理だ(笑)。



x18-102-r-sn9.jpg

延々と続く坂。

そういえば、コースの序盤に「熊出没注意!」の看板があった。
ニホンカモシカと遭遇したこともあって、現実味を帯びてきてちょっと怯えていた。

巨樹を求めて山の中に入ることも多いので、熊鈴が必要だなぁと思っていたけれど、
こういう場所を走るなら自転車にも携帯しないといけないなぁ。



x18-097-r-sn9.jpg

この日は、快晴&高温。
汗が止まらないし、飲料水がどんどん減っていく。
そして登りはまだまだ続く。

あんなところにガードレールが見えてきて、心がへし折られそうになる。



x18-096-r-sn9.jpg

随分と登ってきたけれど、まだまだ先は長い。
もう何も考えず、ただひたすらペダルを回すことに専念。



x18-093-r-sn9.jpg

苦しいけれど、景色は最高である。
登っている間は、楽しむ余裕はないけれど。



x18-092-r-sn9.jpg

ようやく激坂区間が終わろうという場所で、違和感。
これまでと空気感が違う。

鳥のけたたましい鳴き声がする。
そして静寂。
すると、『フー、フー』っと背筋がゾワゾワする獣のような息遣いが聞こえた。

瞬時に、『熊だ!』と思って素早くその場を立ち去る自分。
あれは何だったんだろうか(汗)。



x18-081-r-sn9.jpg

激坂区間の先、アップダウン10kmというのは嘘だった。
ほとんどただのアップ区間。
疲れもあってか、この区間が一番しんどかった。

そして這う這うの体でゴール!
正直、想像以上にしんどかった(汗)。



x18-083-r-sn9.jpg

思っていたより時間がかかり、お腹もペコペコ。
しかし、唯一ある食堂に駆け込むも休業状態。
売店の方に聞くと、昨年までやっていた方が辞めてしまって、後継の方も見つからず、今年はまだ営業できていないとか。

仕方なく、売店で食料を探す。
標高が高いのでどん兵衛もパンパンに膨れている(笑)。



x18-084-r-sn9.jpg

一人だし、店内で食べるのは虚しいので外へ。
せっかく天気もいいんだしね。

どん兵衛と柿の葉寿司。



x18-086-r-sn9.jpg

お腹も膨れたので下山。
絶景ばかりで止まっては撮影を繰り返す。
だからなかなか進まない(笑)。

ちなみにこの下は、崖(汗)。



x18-100-r-sn9②

そしてまたもやニホンカモシカ(笑)。
往路とは全然違う場所なんで、違う個体。
そんなに頻繁に遭遇するものか?

左の断崖絶壁から道路に降りてきたところで、自分と遭遇。
すぐには逃げず、興味深そうにこっちをしばし見つめてくる。
最初のヤツもそうだったなぁ。

そしておもむろに、嘘だろと思うような急斜面の崖を下って行った。



x18-108-r-sn9.jpg

無事に下山。
その後は、近くの日帰り温泉へ。
いや~、疲労の後の温泉は、控え目に言っても最高である。



x18-109-r-sn9.jpg

お土産。

あれだけしんどかったけれど、あの絶景の中を走ることができるのなら、またすぐにでも行きたい。
冬場は積雪で閉ざされるし、屋久島と並ぶほど降雨量が多い場所なのでいつでもって訳にはいかないけれど。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2018/06/10(日) 20:56:00|
  2. FUJIFILM X30
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<PIZZERIA | ホーム | 通天閣 その②>>

コメント

わあ〜どん兵衛がパンパン!
特盛り感満載で
ちょっと得した気分じゃないですか?ww
コース全体がほぼ田舎道みたいに思えるんですが
ここをそんな多くの人が走る事に驚きです
大丈夫なの?
  1. 2018/06/12(火) 08:10:19 |
  2. URL |
  3. kenichi #rolxWucI
  4. [ 編集 ]

絶景そしてニホンカモシカ

おはようございます(^^♪
初めまして!「神戸市須磨から発信です。」
若い時は北アルプスを徘徊していましたので、
山の風景を見ると血が騒ぎますが、
歳が歳なので歩けませんが、先日、カメラクラブ
の撮影例会で、「熊野市の丸山千枚田」へ
行って来ました。
自転車で「大台ヶ原」までサイクリングとは
羨まし限りです。
今後共宜しくです。
  1. 2018/06/12(火) 10:24:10 |
  2. URL |
  3. 柿の木坂 #MAyMKToE
  4. [ 編集 ]

車の交通量もそこまで多そうではないですし、気持ち良さそうなコースですね。
京都市近郊でヒルクラに挑戦しようと思うと車がビュンビュン走ってるポイントばかりで死と隣り合わせなんですよ…結構走ってる人見ますけど、あれは楽しいんだろうか。

それにしてもカモシカ凄い!
カモシカはまだ遭遇したことがありません。いちいち駐車スペースを探さなくても気軽にパシャパシャ撮れるのは自転車ならではの楽しさですよね。コンデジでパシャパシャ撮ってると、ああ写真本来の楽しさってこういうのだったなとしみじみ思います。
  1. 2018/06/12(火) 15:25:45 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

ナイスラン!
お疲れ様でした。 臨場感がヒシヒシと伝わり
メチャおもしろかったです!
「フー フー」はどんな獣やったのかな・・。
ちょっと怖いね。
  1. 2018/06/12(火) 16:39:08 |
  2. URL |
  3. takko #-
  4. [ 編集 ]

> kenichiさん

そうそう、普通盛りが特盛りにな・・・ればいいんですけどね(笑)。

コース自体がご覧のようにとんでもない田舎道です。
落石だらけでパンクが怖くて怖くて(汗)。
さすがにレース前はある程度掃除はされると思いますが・・・。
  1. 2018/06/13(水) 20:42:38 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

> 柿の木坂さん

初めまして&こんばんは~。
そしてコメントありがとうございます。

北アルプスですか!
さぞかしキレイなんでしょうねぇ。
徘徊と表現されるあたり、かなりのベテランさんだと推察致します(笑)。
丸山の千枚田も一度は行きたい場所なんですよねぇ。
千枚田の中を通る道を使ったレースが、先日行われていたので行きたかったんですが・・・。


こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2018/06/13(水) 20:48:06 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

ドライブウェイと合流する前半・中盤までの20km弱は、
往復とも一台くらいしか車と出会わないような道です(笑)。
京都のような都会だと、ヒルクラしに山に行っても交通量は多いでしょうね。
わざわざヒルクラしにいくような人たちは、坂があれば楽しいんですよ、きっと(笑)。

カモシカは自分も初めてでビックリしましたよ。
しかも2匹ですから、カメラ持って行って良かったなぁと(笑)。
改めて自転車とカメラの相性の良さを実感しましたね。
撮りたいときに自転車止めてサッと撮れるのは、ストレスフルで楽しいです。
  1. 2018/06/13(水) 20:54:26 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

> takkoさん

ありがとうございます。
自分の中では、もう熊になってます(笑)。
で、先日、モンベルで熊鈴買いました(笑)。
  1. 2018/06/13(水) 20:55:50 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

すごい! ひどい! 笑
こういうところを自転車で走るなんて……しかも、の、登るんですか?
僕だったら四輪駆動がないと行かないところです! 絶対にね!

カモシカは富山の奥地で出会いましたが、撮る間もなく逃げられました。警戒心が強いんですよね、きっと。
それなのに2度も会ってしまうとは、おまけに他のけだものサンも……この地の険しさを象徴しているかのようで、ますます自転車の方々はどっかおかしいと思わずにはいられません(おい)。
RYO-JIさんといいto-fuさんといい、こんな風な無茶をどんどんされていては、僕がさもつまらないドライブをしてるだけのボンクラに見えてしまいます!(やめろ)

あーでも、温泉とご飯とお土産はそりゃもう別格の良さを感じられるでしょうね。
カメラも、こうした小粋な携行を考えればますます「マトモなコンパクト」を売って欲しくなりますね。
いいと思うし、それが時代に合ってるんじゃないかと最近思うんですけどね。
  1. 2018/06/14(木) 18:57:31 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

ひどい所でしょう(笑)。
いやでもね、むしろ車の方がヤヴァイですよ。
対向車が来ようもんなら、崖からダイブ覚悟でバックしなくちゃいけませんから。
あっでも、狛さん、そんな道ばっかりフォレスターちゃんで走ってましたね(笑)。

富山の奥地だったらカモシカやクマなんかもうウジャウジャいそうですよね!
誰が一番最初にクマに出くわしてしまうんでしょうか(汗)。

確かに自転車の方はおかしい人が多くて、40時間以内に600kmを走るというものに参加する人々や、
こんな坂を一日に何回も登るような人がいるんですから、私なんか正常そのものです(キッパリ!)。
むしろ私からすれば、狛さんやto-fuさんの方が頭がおかしアグレッシブに楽しんでいて、
自分が退屈なでくの坊に思えて仕方ないですよ。

マトモなコンパクトって少ないですよね。
スマホじゃあやっぱり代わりにはならない訳で・・・。
だいたいスマホで写真撮っていても全然面白くないですから。
ある意味マトモじゃないマトモなコンパクトを使っている狛さんは、その方面でも無茶です(笑)。
  1. 2018/06/14(木) 21:14:35 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3487-ef3d4758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (571)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (622)
NIKON F2 (337)
NIKON F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (5)
NIKON D7000 (4)
FUJIFILM X30 (12)
未分類 (3)
巨樹の記録 (59)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。
フィルムカメラで気になるモノを、
気負うことなく撮っています。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・NIKON F2
・NIKON F801s


-手放したカメラ-
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: