FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪萱島の大クスノキ≫

DSC_4840-1-sn7.jpg
NIKON D7000 + TAMRON 18-270mm/f3.5-6.3
(写真はすべてクリックで拡大)

ドシっとした安定感のある立派な根元。
しかし、なぜ根元の写真から始まっているかって?
それは、演出の都合で仕方なく(笑)。
その都合とやらは後で明白に・・・。


↓↓↓




DSC_4773-1-sn7.jpg

例年になく寒い冬だったけれど、その反動なのか春の気配を感じたかと思うや否や、
凄まじい早さで桜のシーズンが過ぎ去った。

そんな心の準備ができていない3月下旬、桜よりもかねてから計画していた巨樹の元へポタリング。
とは言いつつ、桜を見るとペダルと止めてパシャパシャ。
全然進まない(笑)。



DSC_4788-1-sn7.jpg

この日の最初の目的地は、大阪府寝屋川市。

ご存じない方が多いと思うけれど、奈良と大阪の県境は、北から南までドーンと山が立ち塞がっており(笑)、
行き来できるルートのうち国道25号線以外はすべて峠を越えなければいけない。
その国道25号線は交通量も多く車の速度が速いので、ロードバイクならともかく折り畳み自転車では通る気になれない。

よって、この日選択したルートは初となる清滝峠。
奈良側から登る場合、距離も短く勾配もそれほどキツくない。
ただ、峠を越えてからの大阪側への下りは、長くてそこそこキツイ。
つまり帰りが大変ということ(汗)。
うん、先のことを考えるのは止めよう(笑)。



DSC_4888-1-sn7.jpg

家を出発して30km強で京阪萱島駅に到着。
駐輪場に自転車を置いて、改札内へ。

えっ?
改札内?電車に乗るの?巨樹を見に来たんじゃないの?バカなの?

ええ(笑)。
でも本当に入場券を買って改札内へ。
てゆーか、入場券なんて買ったのいつ以来だろ(笑)。



DSC_4859-1-sn7.jpg

エスカレーターに乗ってホームへと上がる。

ジャーン!(←古い)
何とホームにクスノキが生えている。
いや、違う、クスノキがあったところに後からホームができたのだ。



DSC_4877-1-sn7.jpg

クスノキの下にあるエスカレーターには、カプセルのような覆いが作られていて、
わざわざコストを掛けてこの環境を維持しているだなぁと感心。

クスノキの部分だけホームの屋根も開放されていて、そこからモサッとクスノキの葉が元気に茂っている。
面白いなぁ。



DSC_4881-1-sn7.jpg

一旦ホームを降り、反対側のホームへと。
利用客の皆さんはもう慣れているのだろう。
誰もクスノキには興味を示さない
それとも慣れていない利用客も興味ないのかなぁ、面白いのに。

そしてカメラを持ってホームをウロウロしている自分は、間違いなく鉄ちゃんだと思われているんだろうなぁ(笑)。



DSC_4883-1-sn7.jpg

あっ・・・。
うん、もう、鉄ちゃんだな(笑)。

でも普段、ホームで時間をかけて写真を撮ることはないから少し新鮮だったのも事実。
あと、巨樹撮りの方がよっぽどマニアックなのも事実(笑)。



DSC_4908-1-sn7.jpg

改札を出て少し離れた場所から。

ホームの屋根に覆いかぶさるように成長していて、やたらと目立つ。
こんな光景は他ではなかなか無いんじゃない?
しつこいけれど、ほんと面白い。



DSC_4809-1-sn7.jpg

近くから見るとこういう状態。

実際はホームに上がる前、先にこっちを見て撮っている。
先述の演出の都合うんぬん・・・(笑)。



DSC_4812-1-sn7.jpg

このクスノキを御神木に崇めた神社。
写真を撮っている間も、参拝客がチラホラやってくる。
小さい神社だけれど、地元の方々に大切に思われていると感じる。



DSC_4836-1-sn7.jpg

根元から上へ、ホームを突き抜けて伸びる主幹。
さすがに下の方の枝は伐採されているけれど、若さや元気に溢れているように見える。
決して恵まれた生育環境ではないと思うけれど、人々の想いがいっぱい詰まってそう。
というのも・・・



DSC_4813-1-sn7.jpg

ホームを貫くクスノキの誕生秘話。
なるほどなぁ。
京阪電鉄にスタンディングオベーションである。

建設コストを考えれば伐採した方が遥かに安いだろうし、維持費だってバカにならないだろう。
それをあえて地元の方々の想いを優先するという英断。
いいね、樹の国、日本人の心を感じたなぁ。



DSC_4830-1-sn7.jpg

≪萱島の大クスノキ≫

幹周/7m、樹高/20m、樹齢/700年

このクスノキは幸運にも生き残ることができたけれど、これは稀な方だろう。
伐採するべき理由を優先し、命を絶たれた巨樹の方が圧倒的に多いに違いない。
そう考えると悲しい思いに捉われるけれど、むしろこういう巨樹がまだまだ各地に残っていて、
その土地土地で大切にされていると思うと嬉しくなる。

そんな幸運な運命を辿っている巨樹に、これからもたくさん会いに行きたい。



DSC_4905-1-sn7.jpg

さて、では次の巨樹の元へ。
いや、その前に恒例のお楽しみタイム(笑)。

駅高架下にある大阪王将へ。
空腹なこともあり、すぐ中華料理に日本人の心を売るヤツがココに(笑)。

完食、そしてやっぱり食べ過ぎた。
餃子ダブルなんかにしなきゃいいものを・・・(笑)。


つづく・・・


※カテゴリーに新しく≪巨樹の記録 一覧表≫というのを作成しました。
 これまでに巡った巨樹のリストとそれぞれにリンクを貼って、後からでも見易く(自分がw)まとめたもの。
 本当はちゃんとしたホームページ形式にしたいけれど、とてもそんなスキルがないので(笑)。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/25(水) 22:04:32|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ナポくん | ホーム | 朽ちゆく小屋>>

コメント

餃子うまそう! ……じゃなかった、RYO-JIさんの巨樹記事、待ってました。笑

と思ったら、知ってますよー、このユニークなクス!
というのも、この間母が「巨樹の番組録画しといてあげたよ」って見たら、所さんの番組で、なんと巨樹が大ブーム! とかって取り上げられてたんです。高橋弘センセイも出てました。
その中でもひときわエモい樹ランク1位でした。笑

でも、やはりRYO-JIさんの視線はこちらの見たい所を見てくれる感じで、いいですね。行き届いている……。
幹がこのようになっているとは、写っていませんでした。
特異な環境ゆえ、電車の振動と地面が硬くなりそうなのがちょっと心配ですが、片方の幹だけになっている割にまだまだいけそう。
電鉄の人は、もちろん周囲の人の敬いの心も考えたそうですが、同時にタタリもあるんじゃないかと思って伐れなかったらしい、と話していました。

巨樹がブームって、やばい、我々の密かな楽しみが大人気に!?
と思いましたが……実際どうなんでしょうね。
ブームになった方がいいのか、否か。
こういう、特徴ある(インスタ映え?する)有名な樹がその実際を教えてくれるのかもしれませんね。
  1. 2018/04/25(水) 22:36:10 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

うぉぉぉ…これは凄い!
高架になっているみたいだけど土はどうしてるんだろう?と思ったらしっかり地上に幹があって二度驚きました。これは下手な森林の中よりも逆に日当たりが良さそうですね。

で、感動的な締め方だなあと思ってスクロールした先が大阪王将で吹きました 笑
京都にはあまり無い大阪王将ですが、たまにあの味噌だれが恋しくなります。
  1. 2018/04/26(木) 18:11:58 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

餃子、美味かったですよ~っていきなりソコですか(笑)。

そして、なんとご存じだったんですか、このクスノキのことを!!
あぁ、なんだかちょっと残念(笑)。
ものすごく驚いてくれるだろうなぁとある意味期待していたんですけれど、
まさかテレビ放映されていたとはこっちが驚きましたよ。
しかもエモい樹ランク一位だとは・・・。
それにしても母上様は、非常にデキる方ですね(笑)。

そのエモい樹の撮影は、巨樹撮りを始めてから味わったことのない面白さでしたね。
ただ単に巨樹の素晴らしさを感じるのとは違って、この環境にあるからこその価値を
どうやって表現しようかと考えながらでした。

ふむふむ、やはり電鉄の人達はそのタタリ的なものも恐れていたんですねぇ。
そういう樹の伐採によるタタリ的な逸話も多いですし・・・。

巨樹がブーム?
そうなんですか!
いやぁ、それは困りますね。
密かな楽しみが侵されてしまう(笑)。
ブームによって巨樹がしっかりと保護されるのならいいですけどね!
  1. 2018/04/27(金) 21:25:58 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

面白い巨樹でしょ(笑)。
もっと注目されてもいいのかなぁと思いましたけれど、みんな巨樹にはあまり興味ないんでしょうね(汗)。
日当たりは確かに良さそうで、そのお陰か活力を感じました。

京都王将と大阪王将があれば京都王将を選ぶんですが、たまに行くとそれはそれで満足しますね(笑)。
巨樹、自転車、食事は三点セットで楽しむ主義なので、これからも貪欲にやっていきますよ~。
  1. 2018/04/27(金) 21:31:38 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3446-d6abaa91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (643)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (5)
Nikon D850 (3)
Nikon D7000 (4)
FUJIFILM X30 (30)
未分類 (3)
巨樹の記録 (66)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。
フィルムカメラで気になるモノを、
気負うことなく撮っています。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・NIKON F2
・NIKON F801s


-手放したカメラ-
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: