FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪産湯の榕樹(アコウ)≫

DSC_4765-1-sn7.jpg
NIKON D7000 + TAMRON 18-270mm/f3.5-6.3
(写真はすべてクリックで拡大)

前回のつづき・・・

≪湯川神社の樟≫を見た後にお腹を満たし、次にやって来たのは日高町。
御坊市と隣接する紀伊水道に面した温暖な町だ。


↓↓↓




DSC_4696-1-sn7.jpg

道中は久しぶりに見る海が嬉しくて、わざわざ遠回りしてリアス式海岸沿いの道をドライブ(笑)。



DSC_4698-1-sn7.jpg

日高町はクエによる町おこしが盛んだとか。
クエ、美味いよねぇ。
好きな魚ベスト5に入るなぁ・・・滅多に食べられないけれど(汗)。



DSC_4702-1-sn7.jpg

そんな日高町産湯地区の集落を進むと見えてきた。
これが産湯のアコウである。



DSC_4704-1-sn7.jpg

アコウの側には、古い井戸がある。

産湯八幡神社の社伝によると、後の応神天皇である誉田皇子の御産湯に用いたこと。
そのことが由来で、村の名前になったことが記されている。
また、そのいわれから、この地では「難産なし」ともいわれる。
昔は7つ井戸があったとされるが、現存している井戸はこれひとつのみ。

こういった産湯の井戸伝説も全国各地にあってなかなか興味深い。
まぁ巨樹でいう誰某お手植えの・・・的なもので信憑性がイマイチで鵜呑みにはできないけれど、
そういう伝説が受け継がれていくのは人間ぽくっていいんじゃないかなぁ。



DSC_4709-1-sn7.jpg

どれが幹なのか枝なのか根なのかよくわからない状態。
いったいどうなっているのやら。

光の当たる環境を求めて成長するのは植物の特性なんだろうけれど、
このアコウはそれが人一倍(樹一倍?)強いのだろうか。
それが絞め殺しの木と呼ばれる所以か。

自分を自分で絞め殺してしまいそうな絡まり具合。
まさか・・・ねぇ(笑)。



DSC_4715-1-sn7.jpg

樹勢は盛んで元気いっぱい。
形も良く、遠くからも目立つ。



DSC_4719-1-sn7.jpg

白い建物の階段を登った所から見てみたい(笑)。



DSC_4713-1-sn7.jpg

そんな健康的なアコウだけれど、枝が何ヶ所も切り落とされている。
まだ新しいその傷跡が生々しい。

すぐそばの海へと流れ込む川にかかるこの橋を通行する人々の邪魔になるのだろう。
もしくは、この部分が枯れてしまい危ないのでやむなくとか。
と思ったけど、切り落とされている枝はすべてこちら側に面しているのでやっぱり邪魔で・・・かな。



DSC_4724-1-sn7.jpg

そして、根元には大量の瓦が放置されている。
まさか瓦の成分がアコウの生育に良いからだ!とかはないよね。

このアコウの所有者、管理者は不明らしいのだけれど、ちょっとなぁ。
もう少しなんとかならんもんかなぁ。

日本では生息の北限みたいだし。
レッドデータブックによると、和歌山県ではこの日高地方のアコウ個体群は準絶滅危惧種らしいのに。



DSC_4731-1-sn7.jpg

気を取り直して、恒例の自分比較。

いつもボーっと突っ立っているだけなので変化をつけてみた。
もちろん周囲に誰もいないことを確認して(笑)。



DSC_4700-1-sn7.jpg

≪産湯の榕樹(アコウ)≫

幹周/7.5m、樹高/14m、樹齢/推定200~300年?

解説板には甲乙とあるし、写真からも株立ちのようにも見えるけれど、
環境省のデータベースでは単木としての計測もあるのでそれを採用した。

町の天然記念物に指定されている立派な巨樹なのに、扱いがイマイチなのが残念。
その大きさの割にまだ若いので、更に大きく成長することが期待されるアコウ。
住民の生活を守りつつも、今後どうやって保護していくのだろうか。


さて、アコウはこれでは終わらない。
日高地方最大のアコウがすぐ近くにある。
この産湯のアコウから川沿いに南へ150m程歩くと・・・。



DSC_4732-1-sn7.jpg

ひときわ大きな樹形。
堤防を越えて気根が川の水面近くまで伸びている。



DSC_4741-1-sn7.jpg

反対側に回ってみたけれど、これが限界。
これ以上は私有地なので近付けなかった。

見るのも撮るのも周囲の環境からは非常に厳しい。


仮称 ≪産湯の榕樹(アコウ)②≫

幹周/11m、樹高/12m、樹齢/不明

堂々たる幹周。
前述の産湯のアコウを見た直後だったが、ひと回り以上大きいその姿に圧倒される。
なのにこちらは県及び町の保護や指定はない。

クエもいいけれど、アコウも大切にしてほしいなぁ。



DSC_4762-1-sn7.jpg

そして、やっぱりいいねぇ、海は。
充分リフレッシュできた。

帰りは渋滞もあって3時間の運転でグッタリしたけれど(笑)。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/17(土) 21:21:17|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ベンチでひと息 | ホーム | 国道2号線と大阪駅前第1ビル>>

コメント

おお……関東には影も形もないアコウ。
佐賀県に北限として知られてる地域があるみたいですが、和歌山のこれらも堂々と生きていますね。
本で見るくらいしか印象がない樹種ですが、イメージとしては2本目のシルエットが「らしい」かも。
こう、ドロドロッと横に広がる、おばけっぽい感じ。
なので、1本目は随分ちゃんと「樹」になってるなと見えました。
アコウ、勢いのある感じがいいですね。
  1. 2018/03/19(月) 11:22:18 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

フォルムがもう完全に亜熱帯ですねー。沖縄のガジュマルみたい。
これが薄暗い山奥に生えていたらちょっと怖そうです。

2本目の横への広がりが気持ち良いですね。1本目も道路に面してさえいなかったら、こんな風に枝を伸ばせたんだろうなあと想像したり。木は我々のように簡単に引っ越しできないので大変ですね…
  1. 2018/03/19(月) 16:45:36 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

これはもう完全に南国の生物ですね。
今までの樹という概念とは少し違った雰囲気でして、
そもそもの人種ならぬ樹種が別なんだなぁと感じました。
そう、だから二本目の方がアコウらしい姿なんだと思います。
おばけっぽいイメージもありますね。
ただ陰湿ではなく、例えるなら陽湿っぽい(←なんだそれ)感じですかねぇ(笑)。
温暖な気候、さんさんと降り注ぐ太陽の光を浴びて、グオーっと成長するんでしょう。
環境が良ければ、ものすごいサイズになりそうで期待できます。
  1. 2018/03/19(月) 22:03:57 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

そうそう、カジュマルに近いイメージです。
すぐそばが海で、日当たりも良いのでこれらは明るく元気なイメージでしたが、
山奥だと不気味にみえるかもしれませんね。
むしろ近寄れないかも(笑)。

引っ越しですか。
なるほど、環境の変化に応じてより住み易い地域に移動できるのなら、
もっともっと大きな巨樹がたくさん生存し続けることができるでしょう。
人間もそうですが、生活環境というのは大事ですね!
  1. 2018/03/19(月) 22:09:03 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3396-d146a1c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を撮っています。
巨樹訪問もやってます。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!


※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。


-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30
・GoPro HERO 7 BLACK


-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

巨樹の記録 一覧表 (1)
巨樹の記録 (131)
LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (650)
Nikon F2 (338)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (9)
Nikon D850 (145)
Nikon D7000 (6)
RICOH GRⅢ (189)
FUJIFILM X30 (107)
GoPro HERO 7 BLACK (28)
未分類 (4)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: