FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪土田のケヤキ≫

DSC_4554-1-sn7.jpg
NIKON D7000 + TAMRON 18-270mm/f3.5-6.3
(写真はすべてクリックで拡大)

前回のつづき・・・

≪宇野地蔵のムクノキ≫を見た後、調子に乗って食べ過ぎた自分。
後悔しつつ向かったのは、距離にしてわずか2km程のここ。

カロリーを消費するどころか、ちょっと動いたおかげで色々と込み上げるものが・・・。
いや、失礼(汗)。


↓↓↓




DSC_4449-1-sn7.jpg

昼食をいただいたビリケンラーメンの前の国道をそのまま東へ。
どこかで右に入る筈なので探しながら進むと、目印にしていた建物をあっさり通り過ぎる。

あれ?曲がるとこあった?
そんな独り言を呟きつつUターン。
すると元は電柱にかけられていたであろう案内板を発見。



DSC_4452-1-sn7.jpg

その案内板が示す道がこの路地。
えっ、マジか!
国道からいきなりこんな路地って・・・。
本当に入っていいものかと躊躇してしまった。



DSC_4455-1-sn7.jpg

意を決して先へと進むと、それは唐突に姿を現した。
これまた見事というレベルで傾いている。
いったいどうなってんだか。

足元は路地というか、もう舗装もされていない。
「電車注意」という看板があるということは、やはりここを渡れというのか。
もちろん踏み切りなんかない。



DSC_4460-1-sn7.jpg

いま一度、位置関係を整理しておくと、北側から、

国道
民家
線路
神社
ケヤキ
吉野川

という並びで、それぞれがギュッと狭い感覚で密集している。
特に一枚目の写真でもわかるように、線路と神社とケヤキが触れ合うほどの距離感。

幸いにも電車の本数が少ないので、充分に注意して渡れば危険はない。
地面は固く踏み固められているので、恐らくこの付近に住む方々は日常的にここを渡っているのだろう。



DSC_4546-1-sn7.jpg

神社の横からケヤキの根元をのぞき込むとこんな感じ。
写真ではわかりにくいけれど、神社とケヤキにはかなりの段差があるのだ。
でものぞき込んだところで、正直どうなっているのかよくわからない。
もちろん下まで降りるつもり。

しかし、ここで衝撃の事実が・・・。



DSC_4473-1-sn7.jpg

・・・。

ええっ、ムリ!
急激に落ち着きがなくなる自分。
何度も言ってるけれど、ハチがとにかく苦手(要はコワイ)のだ。

こうなるともう足が動かない。
今にも襲われそうで冷や汗が出てくる。
諦めて引き返そうという強い思いと、せっかくここまで来たから見に降りようという思いのせめぎあい。
まるで悪魔と天使の囁きが脳内で再生されているかのよう。

そして長い長い戦いの末、かろうじて天使の勝利(笑)。

と思いきや今度は、、

『ハチは黒いものを襲ういうから頭を守らんと・・・。』
『あ、せや、ヘルメット被ろ。』
『いや、アカンアカン、ヘルメットも黒やん。』
『でも、ヘルメットは刺されても大丈夫やろ。』
『あ、そっか。いや、ちゃうちゃう、ヘルメットは穴だらけやん。』
『ほな意味ないやん。むしろ中に入ったら余計ヤバいで。』

という一人問答をした後、ようやく極めてビビりながらであるが前進を始める。



DSC_4538-1-sn7.jpg

下に降りてみて、ようやくこの土田のケヤキの全体像が明らかになった。
これまでにネット上の画像は見ていたんだけれど、ハッキリと写っているものが少なく、
どういう巨樹なのか充分にわかっていなかったのだ。

陽の当たり具合と紅葉がイイ感じ。
しかし幹の部分を見ると、そのギャップもあって異様な雰囲気。

この時点で、すっかりこの巨樹に目は釘付け。
ハチのことは頭の中からすっぽりと抜け落ち・・・ることはなかったけれど(汗)。



DSC_4523-1-sn7.jpg

2002年の台風等で4本あった幹のうち、3本が倒壊したというケヤキ。
枝の張り出しは、東西40mだったというから相当なスケール。

かつての堤防だったというコンクリート塀と同化している。



DSC_4486-1-sn7.jpg

通常の巨樹であれば、その幹周や樹高に惹きつけられるけれど、
このケヤキは皮肉にもその倒壊した幹が気になってしまう。

しかしこれだけの太い幹が3本も。
天災の恐ろしさを感じずにはいられない。



DSC_4519-1-sn7.jpg

その異様な姿からか、強烈なオーラを感じる。
しかし、近寄り難いとか畏怖などでは決してない。
むしろハチの方が・・・(←しつこい)

その感覚に近いのは生命力である。
こんな姿になってまでも、まだ生きようとしているかのような。



DSC_4497-1-sn7.jpg

ついつい、あらゆる角度からじっくりと眺めてしまう。

巨樹の撮影は、意外にもあっちこっち細かく移動するので時間がかかる。
その間に、この付近を犬の散歩やら川沿いを歩く人などが行きかう。
誰もこのケヤキに注目していないところをみると、皆もう見慣れてしまっているのだろう。



DSC_4527-1-sn7.jpg

よく見ると、倒れている筈の幹が水平方向から上へと伸び、たくさんの葉をつけている。
こんな状態でもまだ生命活動を続けているだなんて。



DSC_4504-1-sn7.jpg

そして恒例の自分比較。
全景を収めることができなかったのは少し残念。



DSC_4469-1-sn7.jpg

≪土田のケヤキ≫

幹周/8m、樹高/15m、樹齢/700年

このケヤキには、「神武天皇(あるいは神功皇后)お手植えの木」という逸話も残っているとか。
まぁこの地方の巨樹逸話あるあるだろう。

あと、2000年調査の環境省のデータベースでは幹周8.9mとなっているから、
台風での倒壊で少しサイズダウンしてしまったのかもしれない。
もちろん、元の状態を見たかったのは言うまでもないけれど、これはこれで充分見応えがある。
付近に駐車スペースがなく、なかなか見にくる機会に恵まれなかったけれど、行って大満足であった。

撮影後は、再びハチの襲撃に最大限の注意を払いつつ(笑)、上まで戻る。
そして次の巨樹の元へと向かう。


つづく・・・



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。



テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/24(水) 20:51:58|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<青白緑 | ホーム | 大空を舞う>>

コメント

そして第二弾がこのケヤキ……。
太くは見えないな……なんでこんな斜め? からの、隠された根元のギャップがすごい!
なるほど、元は4方向にこう立ち上がってたのが、いまはこうなって残ってるというわけですね。
根元のバキバキぶりがすごい……。
正直、折れたのは腐って菌類とかの温床になるだろうし、そうなると生きてる部分も腐って行くから、取り除いてやればいいのに……とも思いましたが、まだ生きてるんですか!
初見の印象を次々覆し、凄みを感じさせる巨樹です。

にしても神武サン、植えまくってますね(笑)。
  1. 2018/01/27(土) 16:47:35 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

そうなんですよ、これは完全にギャップ萌えでした(笑)。
私も折れたバキバキの部分は取り除いたり、手当してやれよと思ったんですが、
まだまだ生命力溢れるケヤキでこっちがパワーをもらったくらいでしたね。
ハチがいなければもっと時間をかけて向き合いたかったです。
神武サンはもうどんだけ植えてるんでしょうか。
本来の仕事をせず、植樹職人みたいな生活だったかもしれませんね(笑)。
  1. 2018/01/27(土) 21:22:35 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3354-3050e827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (649)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (7)
Nikon D850 (88)
Nikon D7000 (4)
RICOH GRⅢ (60)
FUJIFILM X30 (54)
GoPro HERO 7 BLACK (10)
未分類 (3)
巨樹の記録 (102)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30



-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: