FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪宇野地蔵のムクノキ≫

DSC_4431-1-s8.jpg
NIKON D7000 + TAMRON 18-270mm/f3.5-6.3
(写真はすべてクリックで拡大)

昨年11月末のある日、ずっと計画していた巨樹3本巡りに行ってきた。
県内にありながら、アクセスがやや困難な場所にあるため、
天候が最適なタイミングで自転車で回ろうと楽しみにしていたのだ。

困難といっても特別なことではなく、単に駐車できる場所が無さそうだったから。
1本は駅近なので電車でそれのみを見に行くだけでも良かったんだけれど、
巨樹3本+食べる+自転車という楽しみてんこ盛りの欲張りコースをチョイス(笑)。


↓↓↓





DSC_4385-1-s8.jpg

まずは車に折り畳み自転車を乗せ、適当な場所までトランポ。
駐車場に車を停め、折り畳み自転車とカメラの準備をして出発。

しばらくはアップダウンのある道を進み、自転車ではしばしば通る道へ。
こんな長閑な場所だけれど、あべの橋(大阪の天王寺)まで行く電車である。



DSC_4393-1-s8.jpg

車の多い国道を避け、地元民しか通らないような細い線路沿いの道を進む。
ちなみにこの道の左に近鉄、右にJRが走る。
どちらも本数は少ないけれど・・・。


DSC_4389-1-s8.jpg

この日もしっかり三脚を自転車に装備して撮る気満々。
周囲の山々も紅葉がキレイで気分も上々。



DSC_4394-1-s8.jpg

しばらく進むと、国道沿いにある旧街道に入る。
目指す巨樹はこの旧街道沿いにある。

実はここに至るまで、自分のちょっとした勘違いから1km程北側を探し回っていたのだ。
しかしいくら探しても見つからないので、ええかげん諦めようと何度目かのスマホで場所をチェックした時、
自分の過ちに気が付いたという(汗)。



DSC_4397-1-s8.jpg

狭い旧街道に沿いに存在することもあって、これは間違えようがない。
これが宇野地蔵のムクノキである。

電線が邪魔に感じるが、市民の生活環境に溶け込んでいる巨樹のため致し方無い。



DSC_4408-1-s8.jpg

幹の北側にあたる部分は、苔でびっしりと覆われている。
そして見た目で心配になるほど大きく斜めに傾いている。

手前に見える鉄(?)の棒に支えられているように見えるかもしれないけれど、
これは違うことに用いるものらしく、ムクノキは一応自立している。



DSC_4407-1-s8.jpg

しかし、隣の小屋のような建物に接触というか食い込んでいるようにも見える。
ムクノキの成長とともに幹が太くなり・・・というよりは、やはり徐々に傾いていった結果なのだろう。

失礼ながら、このムクノキの傾きとともにこの建物も倒壊してしまいそうである。



DSC_4411-1-s8.jpg

恐らく左奥に見える小さな祠が、このムクノキの名称にもなっている宇野地蔵なのだろう。
右側に見えるのが、白密神社。
地図上ではこの白密神社の記載はあるものの、宇野地蔵は見当たらず苦労した。



DSC_4414-1-s8.jpg

ムクノキを南側から見ると、反対側とは全然違う様相を呈している。
同じ樹だと思えないくらい。
白骨化しており、見ていて本当に痛々しい。

そして単に傾いているだけではなく、少しひねりも加わっていそうである。
いったいどうやったらこんな風になるのだろうか。

素人ながら見た感じでは、残念ながらあまり永くないだろう。
奈良と和歌山を結ぶ旧街道沿いにあるので、昔から今に至るまでたくさんの人々の目に触れてきた筈。
にもかかわらず存在感をあまり感じないのは、そういう理由があるのかもしれない。



DSC_4425-1-s8.jpg

そんな状態ながらも、実をしっかりとつけている。
なんとも逞しいではないか。

黒く熟しており、食べ頃か。
甘くて美味しいらしいけれど、食べた事はないなぁ。

ムクノキの実を好んで食べることから、ムクドリと名付けられたとか。
またムクドリは、種子の散布にも関与しているらしいから、このムクノキの子孫を
どこかに残していって欲しいなぁと勝手な願いを込めておいた。



DSC_4421-1-s8.jpg

≪宇野地蔵のムクノキ≫

幹周/6m、樹高/10m、樹齢/300年以上

この巨樹の記録シリーズの中では、いずれもかなり控え目な数値である。
もちろん、これでも立派な巨樹であることに違いはない。
しかし、この数値だけでわざわざ見に行ったかというと微妙なところである。

では、なぜ?
それは環境省のデータベースを調べていた時に、「枯死寸前」と記載されているのを見たからである。
その調査が1988年だからもう30年ほど前。
もうすでに枯死してしまっているかもしれない。
そんな思いで少し焦っていたのだ。

というのも以前≪愛宕さんのケヤキ≫を見に行ったら、何らかの理由で伐採されており、
永遠にその姿を見ることが叶わなくなってしまった経験から。

間に合って良かった。
良かったんだけれど、ムクノキの状態からすると素直には喜べない。

ちなみに先週、近くを通った時に気になって見に行ったら、まだ大丈夫だった。
たまに自転車で通るルートの近くなので、今後は寄ることが定番になりそうである。



DSC_4437-1-s8.jpg

さて、宇野地蔵のムクノキを後にし、次なる巨樹の元へ。

吉野川沿いを上流に進む。
ここはサイクリングには、もってこいの快適なルート。
この為に自転車で来たと言ってもいい(半分くらいは)。

雄大な川の流れを楽しみつつも、自転車通学(?)の学生達とデッドヒートを繰り広げながら(笑)、
さらに上流へと進む。



DSC_4443-1-s8.jpg

そしてやってきたのが、ビリケンラーメン!
そう、次の巨樹の前に、非常に大切なランチである(笑)。
腹が減っては、巨樹巡りはできないのだ。

ここはちょっと変わっていて、ビリケンラーメンの入口は閉ざされており、
お客は隣のどんちゃん食堂に入るよう促される。
入るといたって普通の小綺麗な食堂である。
そしてメニューは、どんちゃん食堂とビリケンラーメンのものがそれぞれあって、
どちらもいただくことができるという訳。

どんちゃん食堂のメニューも正直気になったんだけれど、初志貫徹で名物の肉そばを。
なになに、大盛り(1.5玉)、特盛り(2玉)ともプラス100円だと・・・。
じゃあ、せっかくなので特盛り(笑)。
またご飯がススムラーメンらしく、これもせっかくなのでライスも(笑)。

その結果・・・



DSC_4445-1-s8.jpg

うん、やりすぎた(汗)。
表面に出ている具材が超立体的。
早くも後悔。

いやね、一応、女性店員さんに『特盛りは量が多すぎませんか?』って聞いたんだけれど、
『大丈夫ですよ~。』と軽く言われたから・・・。

まぁライスを注文した時に、『小にしときますか?』って気を使ってもらったのに、
『いえ、普通で大丈夫です!』っとイキって言ってしまった自分が愚かなんだけれど(笑)。

注文後、どんちゃん食堂のメニューを眺めていると、やたらとビッグやジャンボの文字が目に付くので
やや不安はあったんだけれど、どうやらガッツリ系のお店だったようで。

確かにご飯もススムし美味しいんだけれど、しっかりした味なんで早々に満腹感が。
すると店内にある張り紙にふと目がいく。
そこには、「この町では、食べ残しゼロに取り組んでいます!」的なことが書かれてあって、ジ・エンド。

これはさすがに残せない。
もう覚悟を決めるしかない。
結果、無事完食。
いや、お腹は全然無事じゃないけれど(汗)。

精算時、『多かったですか?』と女性店員さんに笑顔で聞かれ、
『ハイ、多かったです。』と素直に返答。
完食はしたけれど、何故か敗北感に襲われるという(笑)。

そんな重いお腹を抱えつつ、次なる巨樹へ。

つづく・・・



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/22(月) 22:01:01|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<大空を舞う | ホーム | 丘の上にあるベンチ>>

コメント

充実の巨樹探訪ライフ!
いやあ、面白いですね。
ムクノキは樹種の性質なのか、どうしてもそこまで大きくならず、寿命も極端に長くないようで、白骨化してきてしまうみたいですよね。
幹周6メートルというのは結構貴重なサイズと思えます。
そう、もう会えないとなる前に会っておかないと。
他人任せでなく、自分の手で記録に残して行くということも意味があるのじゃないかと僕は思います。

で、なんとも腹が減る画像を……笑
このカロリーをムクノキにも注入してあげたいです!
  1. 2018/01/27(土) 16:37:27 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

いや、ほんと、ますます充実する巨樹探訪ライフ。
これでフルサイズがあればもっと(笑)。
いつか必ず手に入れますよ!

ムクノキはこの日3本目の巨樹でも会ってきているんですよ。
それもサイズ的には控え目ですが、いい樹でした。
自分の手で記録に残すのは、あくまでも自己満足と思いながらやってきたんですが、
自分の知らないところでどんな形でもいいから何かの役に立っていればいいなぁと思いますね。

ええ、成長する余地のない自分には完全にカロリーオーバーでした(笑)。
むしろこのムクノキに注入できない悔しさを自分が・・・。
知ってるでしょ、私が食べるのを(笑)。

  1. 2018/01/27(土) 21:16:40 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3335-3caf8294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (649)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (7)
Nikon D850 (98)
Nikon D7000 (4)
RICOH GRⅢ (123)
FUJIFILM X30 (57)
GoPro HERO 7 BLACK (20)
未分類 (3)
巨樹の記録 (117)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30



-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: