FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪国津神社のケヤキ≫

DSC_4111-1-s.jpg
NIKON D7000 + TAMRON 18-270mm/f3.5-6.3
(写真はすべてクリックで拡大)

この日は巨樹巡りのため三重県津市へ。

気候もいいし、自転車で巡るつもりで景色の良さそうなルートをすでに考えていたのだ。
どこか適当なところまで車で行って、そこからは折り畳み自転車でサイクリングを楽しみながら
巨樹を3本巡るという60km程のコース。
車に戻ってからは、どこか日帰り温泉にでも寄って・・・なんて素晴らしいアイデアでしょ。

しかし、当日、間抜けなことに出遅れた(汗)。

出発準備の段階で、すでに自転車でのんびり回っている時間はないと悟ってしまった。
自転車で回るのは問題ないのだけれど、3本目の巨樹に着く頃にはすでに薄暗くなっていて、
三脚を使ったとしても撮影自体が難しいと思ったのだ。
この時期、山が暮れるのは思いのほか早いからね。

ということで自転車は積まず、車で巡ることにして出発!


↓↓↓



DSC_4097-1s_20171203153949621.jpg

この国津神社、三重県津市にあるといってもわずか2km程で奈良県との県境だから、
もう実質奈良県と言ってもいいくらい(←良くない)

この辺りは、何度かサイクリングで走ったことがある。
綺麗な水が流れる川沿いの国道から少し離れた場所にひっそりと佇む神社。

はやる気持ちを抑えつつ一礼し、鳥居をくぐる。



DSC_4116-1-s.jpg

まずは参拝を済ます。

拝殿の横には、鎌倉時代の作といわれる重要文化財の石造十三重塔。
周囲には高い樹がいくつもあって雰囲気がある。

そして、いよいよ。



DSC_4110-1-s.jpg

ご対面。

とか言って、手水舎の目の前にドカーンとあるもんだからすでに目にしていたんだけれど、
そこはまぁ話の流れ上、そういう事にした方が何かとスムーズでしょ(笑)。



DSC_4102-1-s.jpg

改めて近付いてみる。

どうやら2本のケヤキが寄り添っている模様。
しかしよく見ると、縄が2本の巨樹をぐるっと囲うように巻かれている。
2本で1本的な扱いであろうか。



DSC_4125-1-s.jpg

と思ったら、根元の部分で完全に癒着している。
環境省のデータベースの幹周10.49mというのは、左側のケヤキも含めての調査結果なのだろう。
とはいえ、左側のケヤキ単体でも4mはあるので、充分に立派なもの。



DSC_4105-1-s.jpg

見上げていると、近所の方らしき男性が境内を横切りついでに話しかけてきた。
このケヤキを撮りに来たことを告げると、色々と教えてくださった。

以前は、道路側(この写真では右側)にもっと大きく枝が張り出していたそう。
しかし数年前に折れてしまい、ドンドン裂けてきたのでワイヤーで固定したと。
危ないから仕方なくこうなってしまったと、残念そうに弁解するような口調で。

地元の方でしか語ることができないような貴重な話を聞けたことは大きな収穫。
「ごゆっくり~」と言いながら、立ち去っていった男性。
そしてその数分後、立ち去った方向から引き返してきて、先ほどとほぼ同じような話を聞かせてくれた。
そのお陰で、よく理解できたけれど(笑)。

この男性にとっては、我が子を見守っているような感覚がこのケヤキにあるのかもしれない。



DSC_4123-1-s.jpg

帰ってから少し調べたら、2009年に強風によって折れてしまったみたい。
で、2016年にケヤキを守るためにワイヤーを巻き直したり、肥料を与えたりと手厚い手当をしたそう。
そのかいあってか、以前の樹勢を取り戻したとの事。

それにしてもものすごい手術跡。



DSC_4128-1-s.jpg

そうこうしているうちに、今度は若い男女が一組やって来て、このケヤキの巨樹を撮り出した。
周囲には何もないので、わざわざこの巨樹を見に来たのだろう。
ついつい、世の中には物好きもいるなぁと思ってしまう(←自分のことは置いといて)

とりあえず邪魔をしないようにオッサンは一旦移動(笑)。
境内にある他の樹を観察。
こちらは拝殿横。



DSC_4127-1-s.jpg

こちらは社務所の裏側にあるケヤキ。
環境省のデータベースにある幹周4.2mと5.7mのケヤキはこの2本であろう。
こちらも相当目を引く存在である。

いずれの調査も1988年とあるから、今はもっと成長していると思われる。



DSC_4140-1-s.jpg

一人になったところで恒例の自分比較。
ポーズがなんかぎこちない(笑)。



DSC_4132-1-s.jpg

≪国津神社のケヤキ≫

幹周/7.3m、樹高/30m、樹齢/800年以上


木製や鉄製の支柱で支えられていたり、ワイヤーで引っ張られている巨樹はこれまでにも見てきたけれど、
こんな風に幹が裂けないようにワイヤーでガッチリ固定されている状態のは初。

ワイヤーまみれの痛々しい姿のわりに、樹自体の勢いというか元気な様子にどうもギャップを感じる。
まぁそれだけ逞しく復活したのだろう。
これからも地元の方に愛され続けていって欲しいケヤキである。



そしてこの後は、近くにある別のケヤキのもとへ。

時間は昼前。
こういう遠出した時の楽しみをいえば、その土地で味わうランチ。
しかし以前に近くを通った印象からこの辺りは何もない。
知らんけど(笑)。

そうそう、この「知らんけど」というフレーズは関西人以外にはかなりウケが悪いそうな。
自分も気を付けて使わないとイケナイ(←と言いつつ使うっていう)

まぁそんな訳で、賢明な自分は道中でパン屋さんに寄ってきているのだ。
食い意地が張っているので、食いっぱぐれだけは絶対に避けたいから必死とも言う(笑)。

つづく・・・



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/03(日) 21:30:30|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<立入禁止 | ホーム | 車業作持維路道>>

コメント

手首が折れてボルトを入れるとか、そんな感じの強引な施術ですね。
もっとも、大枝が折れるとか折れたとかいうことになると、巨樹は大きくバランスを損なって結局は枯死ということがよくあるらしいし……。
こうしておけばいつかくっつく気もします。くっついてほしい。
そのはみ出た巨大な根っこでぐんぐん栄養を補給して、隣にあるのとも一体になってしまってほしいです。

「知らんけど」は、「って…知らんのかい!」とセットで使うべきなのかな。
確かにコッチでは言わないし、不意に言われると機嫌悪いのかな? と思ってしまいそうですね(笑)。
まーでも、関東人の丁寧語だけど全然無関心みたいなの、あるじゃないですかー、あれよりは良くないんですかねえ、知らんけど、みたいな。
  1. 2017/12/06(水) 18:08:33 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

人間の場合もボルトを入れるのは手っ取り早く、術後の経過も悪くないみたいですね。
そう思うとこれ以上の適切な処置はなかったのかもしれません。
大枝が折れてからの枯れ死っていうのは、随分と寂しい最期ですよね。
スギやクスノキなんかは複数の樹が合体して、元がどうだったのか不明な巨樹が多いので、
このケヤキも同化していつまでも元気に育ってほしいなぁ。

そうそう、『って・・・知らんのかい!』とツッコんでやってください。
ただし、調子に乗って連発する恐れもあるので気を付けてくださいね(笑)。
機嫌が悪いと言うより、『知らんけど(テヘペロ)』てな感じなので。
関東人の丁寧語だけど無関心みたいなのこそ、機嫌悪いなぁと思ってしまう関西人です。
まぁいずれにせよ、知らんけどはあんまり良くないと思いますねぇ。
知らんけどさえつければ、適当なこと言っても許されるんじゃ・・・ていう風潮すらありますから(汗)。
  1. 2017/12/06(水) 21:16:33 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3295-6ffd6910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を撮っています。
巨樹訪問もやってます。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!


※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。


-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30
・GoPro HERO 7 BLACK


-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

巨樹の記録 一覧表 (1)
巨樹の記録 (131)
LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (650)
Nikon F2 (338)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (9)
Nikon D850 (145)
Nikon D7000 (6)
RICOH GRⅢ (189)
FUJIFILM X30 (107)
GoPro HERO 7 BLACK (28)
未分類 (4)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: