FC2ブログ

The B grade ・・・

高坂書店

2017-0368@-r-sa.jpg
RICOH GR1v GR LENS 28mm/f2.8 + FUJI NEOPAN ACROS100


最近のこと・・・プチ旅2日目
↓↓↓



d17-247-r-sa.jpg
NIKON D7000 + TAMRON 18-270mm/f3.5-6.3

宇都宮プチ旅2日目である。

この日は台風が関西に接近するということもあって、早めに帰らないと拙そう。
電車が止まって道中で動けなくなってしまう恐れもあった。

よって午前中だけ好きに行動し、昼には宇都宮を立つ予定に変更。
本数は少ないものの、バスでアクセスできる大谷資料館へ行くことに。
ここは以前から興味があった場所なのだ。
本当は、栃木の巨樹巡りなんかもしたかったのだけれど、時間も足も気力(雨なので)もなかった。



d17-248-r-sa.jpg

大谷資料館とは、簡単に言うと大谷石の採掘跡。
簡単すぎてよくわからんという方はこちら(笑)→大谷資料館HP

まずは、受付横にある大谷石採掘に関する展示室へ。
歴史や変遷、採掘道具や運搬具などを見て回る。

そしていよいよ地下坑内へ。

ちなみにこの日の坑内の気温は11度。
寒さが苦手な自分は、入る前に一枚重ね着(笑)。



d17-257-r-sa.jpg

想像以上に馬鹿デカイ空間!



d17-253-r-sa.jpg

こんな異質な空間はなかなか味わえない。



d17-258-r-sa.jpg

異様ととるか、幻想的ととるか。
館側もそれを承知で色々な仕掛けをしているのであろう。



d17-251-r-sa.jpg

空間にマッチしたオブジェがあったり。



d17-252-r-sa.jpg

著名人の作品を展示していたり。



d17-256t-r-sa.jpg

ライティングに凝ってみたり。
飽きさせない工夫がしてある。



d17-254-r-sa.jpg

SNS映えを狙った(?)写真に挑戦しているらしき女性。
自分の影を撮ろうと色々ポーズを試していた。
それぞれの楽しみ方があるなぁ。



d17-263-r-sa.jpg

青、緑、ピンク、紫などコロコロと変わる照明。
一番オドロオドロシイと感じる組合せを狙ってみた。



d17-260-r-sa.jpg

なかにはよくわからない展示も。
ドンペリって。



d17-262-r-sa.jpg

この大谷資料館で積極的にアピールしているのが、
 ・この映画の撮影がここで行われた
 ・このミュージシャンのミュージックビデオがこの一画で撮影された
 ・この場所は、このドラマで・・・

といった感じ。
入口から坑内の至るところでこういったアピールがしてある。
自分は正直そんなことに興味はないので、せっかくの雰囲気を台無しにしているとしか思えなかった。
写真展のように作品が飾ってあると思って見ると、上記のアピール写真でガッカリ。
しかも色褪せてるし。

でもまぁ唯一の不満はこれくらいで、採掘跡の見学は充分過ぎるほどに値打ちがある。



d17-261-r-sa.jpg

早めに行ったこともあって非常に空いており、こんなスゴイのに見学者が少ないけど大丈夫か?
なんて余計なことを思ったりもしたけれど、時間が経つにつれ、見学者がどんどん増えてきた。

そんなことを思っておいて勝手なんだけれど、この雰囲気を味わうには見学者が少ない方がいい(笑)。



d17-261-r-sa2.jpg

ちなみに、この坑内の実際の明るさはこれくらいかなぁ。
(上の写真を含め、坑内写真は見やすいように明るくしてあります。)



d17-264-r-sa.jpg

地下空間にも所々こういう光が入る場所があって、ホッとする。



d17-266-r-sa.jpg

この日も雨は降り続いており、ちょっとした滝のように坑内へと降り注ぐ。



d17-267-r-sa.jpg

三脚の使用や他の見学者の邪魔になるような迷惑な撮影行為は当然ダメだけれど、
見学の範囲内で写真を楽しむには、非常に面白い場所。



d17-265-r-sa.jpg

この地下巨大空間は、もちろん採掘という人の手で結果的に作られたものだけれど、
それ以上の何か見えない力によってできたのでは?と思えるくらい神秘的な雰囲気がある。

やはり1日目に引き続き、宇都宮にやって来て良かった。



そしてこの時点でやり残した事が一つ。
大事なことだ。

そう、餃子である(笑)。
前日の晩に食べたアレな餃子を宇都宮餃子と思って帰ったならば、宇都宮市民に怒られるであろう。
ということで宇都宮駅周辺に戻り、お店に突撃である。

狙っていたのは有名な2店舗。
しかし、その一方がメニューは餃子のみでご飯もビールもないという。
よって迷うことなく、ご飯もビールもある方のお店へ(笑)。



d17-270t-r-sa.jpg

美味い!
最後の最後で大事な目的も無事達成である(笑)。

久しぶりの旅。
一泊二日と短かったけれど、充分楽しめた。
やっぱり旅はいいねぇ。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/29(日) 21:11:36|
  2. RICOH GR1v
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<おふさ観音風鈴まつり ① | ホーム | 近鉄鶴橋駅>>

コメント

おお、栃木旅。
隣県ですけど、栃木がこれほど自転車レースに力を入れてるとは知りませんでした。
というか、この辺の県はお互いに全然交流がないなと思いました。
群馬と栃木はいつも戦ってる印象、相手にされないのが茨城(嘘)。
しかし、自転車レースを撮るって大変なのですね。
そこはやはり、じっくり撮って良し連写も良しの最新フルサイズを……。

大谷石のココと餃子もいい!!
こちらからはほぼ日帰り可能と思いますので、僕もぜひ行ってみたいと思いました。

  1. 2017/11/01(水) 08:37:26 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

栃木は日本一自転車レースに理解がある県ですよ。
地元密着のプロチームもあっていい雰囲気です。
確かに、群馬、栃木、茨城はあんまり仲良く無さそうにみえます(笑)。
まぁでも奈良なんかは、大阪さんや京都さんには完全にバカにされてますけどね(笑)。
この日は天気が悪くて暗いうえに、自転車が速いので苦労しました。
最新のフルサイズがあればプロ並みの写真が撮れるのになぁ(←妄想w)。
購入決意がまた一歩近付いた日になりましたよ。

狛さんなら楽々日帰りできる距離でしょう!
大谷石&餃子、ぜひセットで行ってくださ~い。
  1. 2017/11/01(水) 21:05:39 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

いやいやいや、京都人は何故か滋賀県民に対して猛烈な嫌悪感を持っている人が多いですが、奈良県に対してはそんなことないですよ 笑

大谷石の坑道、展示物はちょっとアレですが巨大な遺跡のようにも見えて非常に良い雰囲気ですね。是非行ってみたい。

しかし日本にコンタドールが来ていたとは知りませんでした。生で走りを見れるなんて…もう自転車で家まで帰りたくなるくらい興奮しそうですね。
  1. 2017/11/02(木) 11:39:55 |
  2. URL |
  3. to-fu #-
  4. [ 編集 ]

> to-fuさん

あら、そうでしたか!
だったら人気のない奈良県民のヒガミだったのかもしれませんね(汗)。
京都vs滋賀の戦いは特に有名ですね。
琵琶湖の水問題とか(笑)。

そしてto-fuさんはコンタドールをご存知でしたか。
幅広く色々な知識をお持ちだと想像していたので驚きはしませんが。
自分は一番好きな選手だったので引退は残念でした。
そうそう、生で走りを見ちゃったもんで、すぐにも自転車乗りたかったですよ。
できることなら宇都宮から自走で奈良まで(笑)。

大谷資料館は本当にオススメです!
  1. 2017/11/02(木) 21:18:07 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3247-75b31721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を撮っています。
巨樹訪問もやってます。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!


※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。


-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30
・GoPro HERO 7 BLACK


-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

巨樹の記録 一覧表 (1)
巨樹の記録 (131)
LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (650)
Nikon F2 (338)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (9)
Nikon D850 (145)
Nikon D7000 (6)
RICOH GRⅢ (189)
FUJIFILM X30 (107)
GoPro HERO 7 BLACK (28)
未分類 (4)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: