FC2ブログ

The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪野間の大けやき≫

d17-160-r-sa.jpg
NIKON D7000 + TAMRON 18-270mm/f3.5-6.3
(写真はすべてクリックで拡大)

≪倉垣天満宮のイチョウ≫を見た後、この日二本目の巨樹の元へ。
といっても、移動距離はわずか4kmほど。
車だとほんの数分の至近距離である。


↓↓↓

d17-162-r-sa.jpg

≪野間の大けやき≫は、近畿を代表するケヤキの巨樹である。
それどころか、誰が言ったか知らないけれど、山形県の東根の大ケヤキが東の横綱なら、
こちらは西の横綱だとか。
巨樹たちにとっては、そんなランク付けなんてどうでもいいことなのにねぇ。。

まぁそれはともかく、この重量感ある幹を目前にすると、ただただ気分が高揚してしまう。



d17-159-r-sa.jpg

ケヤキの周囲は、低い柵で広く囲われており、離れた所からしか見ることはできない。
それでも大きく枝を広げて成長しているため、頭上をすっぽりと覆われてしまう。
最大枝張は幅40mほど。
さすがは国指定の天然記念物。



d17-163-r-sa.jpg

ケヤキ一帯の様子。
けやき資料館、駐車場、トイレ、ベンチ、サイクルラック、青空カフェが完備されている。
ここまで手厚く整備されている巨樹は珍しい。
能勢町がこのケヤキにかける思いが伝わってくる。



d17-165-r-sa.jpg

そもそもこのケヤキ一帯は、かつて蟻無宮という神社の境内で、この樹は御神体ともいうべき神木であったそう。
社庭の砂をいただいて畑や屋内に散布すると、アリがいなくなる御利益があるとされていたという。
昨今の情勢を鑑みると、その御利益にあずかろうと人々が殺到しそうな感じもする。

他にも、里人は、春先になるとケヤキの新芽の出具合でその年の豊凶を占ったとか。

これだけの巨樹、古くから人々と関わりがあった伝承がいくつもあるようだ。



d17-166-r-sa.jpg

ゆっくりできる環境なこともあって、かなり長時間滞在していたのだけれど、
やはりこの樹はこの太いどっしりとした幹がなんと言っても大きな魅力。
叶う事なら、抱きつきたいくらいに。
変な意味でなく(笑)。



d17-164-r-sa2.jpg
(トリミング)

この日は、自分以外にも大きなカメラ&三脚で来ている人が何人も。
そのほとんどの人達のお目当ては、このアオバズク。
体長25cmほどのフクロウ科の渡り鳥で、毎年、このケヤキに営巣するらしい。

こちらは隣の樹にいるオス(だと先に来ていたカメラマンが教えてくれた)。



d17-168-r-sa2.jpg
(トリミング)

こちらはケヤキにいるメス(以下同文)。

この時は皆さん静かにマナーを守って撮影していたけれど、過去にはヒドイのがいたそう。
巣に向けて花火を打ち上げる輩や、クレーンに乗って近付いて撮ろうとする輩など。
まぁ撮りたい気持ちは大いにわかるけれど、マナー違反はイケナイ。

そしてまたもや、500~600mmクラスの超望遠レンズが欲しくなってしまった(笑)。
そういうレンズを持っていると、撮影の幅が大いに広がると思うのだ。
特に、こういう野生動物なんか。
実はちょっとというか、結構興味があったりするのだ。



d17-170-r-sa.jpg

せっかくなので、そばにあるけやき資料館にも寄ってみた。

平成7年の治療時に撤去されたかつての主幹。
この部分だけで、1700kgの重量。
そして床の黄色い部分が実際の幹周りで、7畳強。
こうやって見ることができるのは稀で、いや、改めて驚き。



d17-167-r-sa3.jpg

恒例の自分比較。
いつもは10秒後のタイマー撮影なのだけれど、この日は10秒では間に合わず。
思いのほか遠くて、再撮影もダメで、再々撮影ではダッシュしてようやく。
いや、これでもまだしっかりポジショニングできていない(笑)。



d17-169-r-sa.jpg

≪野間の大けやき≫

幹周/14m、樹高/30m、樹齢約1000年


幹周は資料(測定時期)によって誤差がかなりある。
しかし、年代が進むにつれ、明らかに大きく成長しているのがはっきりわかる。
70年間で3m以上、30年間で2mほど。

しっかりと保護されていることからも、さらに立派な巨樹に育つことだろう。
今後も楽しみである。
20年、30年後に再訪してみたい。
車の運転ができていればの話だけれど(笑)。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/16(水) 21:56:56|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2017 紫陽花① | ホーム | Beauty Salon>>

コメント

おおー、これはすごい! 行ってみたい西の樹がまたひとつ!
まさに、東根の大ケヤキといい相撲をとるであろう、立派な横綱ですね。
東根の方はまるで岩山のような質感、面持ちだったのですが、気候の差か、こちらは初見、楠のようだと感じました。みずみずしさがありますね。
やはり巨樹はこうでなくては。そういう圧倒的質量感。
お見事です。

やはりフルサイズ一眼の出番じゃないでしょうか、そろそろ(笑)。
最新鋭のすごい画質を得ると、これまで撮ってきた巨樹も全て撮りなおしに行きたくなります。
いや、それがまた楽しいんですって!
  1. 2017/09/02(土) 18:09:48 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

狛さんが以前、東根の大ケヤキを掲載されたのを見た時、その姿に圧倒され、
これは西の横綱である野間の大ケヤキで対抗しなくては・・・と強く思ったのです(笑)。
そう思いつつも、結構行き辛い場所にあるので時間がかかってしまいました。
確かに東根の大ケヤキとは、同じケヤキでも見た目の印象が全然違いますよね!
誰にでも好かれそうな、これこそは巨樹という感じのいいケヤキでした。

いやぁ、ほんと、そろそろフルサイズ一眼レフの出番ですよ、まさに(笑)。
サイコーの機材で思いっきり対峙してみたいんですよ。
撮り直しも楽しそう。
だから今はNIKON D850のことで頭がイッパイなんです(笑)。
  1. 2017/09/02(土) 21:08:57 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3173-c4e4f031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

LEICA M3 (590)
LEICA M4 (241)
LEICA MP (716)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (46)
ROLLEIFLEX 2.8F (598)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (649)
Nikon F2 (337)
Nikon F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (7)
Nikon D850 (88)
Nikon D7000 (4)
RICOH GRⅢ (60)
FUJIFILM X30 (54)
GoPro HERO 7 BLACK (10)
未分類 (3)
巨樹の記録 (102)
巨樹の記録 一覧表 (1)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・Nikon F2
・Nikon F801s(故障中)

・Nikon D850
・RICOH GRⅢ
・FUJIFILM X30



-手放したカメラ-
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

・Nikon D7000

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: