The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪倉垣天満宮のイチョウ≫

d17-154-r-sa.jpg
NIKON D7000 + TAMRON 18-270mm/f3.5-6.3
(写真はすべてクリックで拡大)

≪倉垣天満宮のイチョウ≫がある能勢町は、大阪府の最北端に位置し、
京都府と兵庫県に囲まれた山林と田畑だらけの町。
自分が住む町は中途半端にローカルだけど、ここは比べようもないほど自然豊か。
大阪とは思えない。

しかし、そんな能勢町へ行くには、大阪の中心部を通って行かなければならず、
これがもう苦痛以外の何ものでもなかった。
2時間くらいと想定していたけれど、渋滞の影響をモロに受け、3時間30分もかかって到着。

もうグッタリである。


↓↓↓



d17-157-r-sa.jpg

『だから都会はイヤやねん!』
『もう二度と車ではこーへん!』
などと悪態をつきつつ、倉垣天満宮へと参拝に。



d17-148-r-sa.jpg

別名、天満天神社ともいわれる倉垣天満宮。
参道の階段両側に杉の巨木が並ぶという光景は、自分の中では“期待できる”パターンだと確信(笑)。



d17-156-r-sa.jpg

視線をまわりに向けてみると、案の定。
あきらかにスケールの違うイチョウが存在している。



d17-155-r-sa.jpg

立地的に少し見上げているということを差し引いても、存在感が半端無い。
すでにこの距離でさえ目が離せなくなっている。



d17-151-r-sa.jpg

イチョウの周囲は、頑丈そうな鉄柵で囲まれていて近付けない。
しかしそのお陰もあってか、ドンと太い幹で元気が溢れている。



d17-150-r-sa.jpg

黄葉した時の姿は、さぞかし素晴らしいだろうと容易に想像できる。
この日もまったく人の気配がなかったので、ゆっくり黄葉を楽しめるはず。

しかし、もう車はコリゴリ。



d17-152-r-sa.jpg

幹は地上3mくらいのところで大きく二つに分かれている。
一方で、樹形からすると2本が合体したもの・・・という説もあるらしい。

どうなんだろう。
植物学的には重要な点かもしれないけれど、実際にこんな素晴らしい巨樹を目の前にすると、
そんなことはどうでもいい気分になる。



d17-153-r-sa.jpg

恒例の自分比較。

この時になって、車の中に三脚を置いてきた事実を後悔することになる。
まぁそうなることはわかっていたんだけれど・・・。
渋滞の運転にすっかりウンザリしてしまって、重い三脚を持ち出す気にならなかったのだ。

地面にカバンを置いて、その上にカメラをセットしてタイマー撮影。
構図を決めるのにそれなりに苦労したので、端から三脚を持ってこればいいものを(笑)。



d17-149-r-sa.jpg

≪倉垣天満宮のイチョウ≫

幹周/8.9m、樹高/20m、樹齢約400年

倉垣天満宮は、菅原道真を祭神とし、1054年に北野天神の分霊を歌垣山の頂上に勧請し祀ったのが起源とされ、
1584年に現在の場所に移転された。
移転当時すでにこのイチョウは「翠枝千歳なりき」と言われて、昔から氏子、郷民の崇拝する御神木であったという。

撮ったと思っていたのに案内板の写真が見当たらない。
うっかり消してしまったのかもしれない(汗)。



d17-158-r-sa.jpg

鳥居横の貯水池にて。
自分の気配を察して、じわーと逃げていく親子。

そして、次は大阪府で最も有名な(?)巨樹の元へと向かう。

つづく・・・



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/05(土) 21:00:00|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<高速餅つき | ホーム | TERRASSE>>

コメント

おお……立派なイチョウだ……。
結構湿度の高そうな環境ですが、まだまだ元気に生きてくれそうですね。
確かにこの樹形だと、密接する二本が合体したようにも見えます。
イチョウの場合、雄と雌があるけど、合体木で性別が違う場合って、どうなるんでしょうね?
樹のことだから、半陰陽になるんでしょうけど、すると、生殖にはすごく便利だったりして?(笑)
大阪で一番有名な巨樹って何でしょう?
薫蓋楠じゃないの? そうだと思ってました。
写真、楽しみです(笑)。
  1. 2017/08/13(日) 21:27:06 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

湿度も高く、虫も多くて厄介な場所でした(笑)。
イチョウ自体はこれからも元気で育ってくれそうでしたね。
成長にはやはり環境がとても大事なのだと再認識しましたよ。

そっか、イチョウの合体木で性別が別々の場合はどうなんでしょうね。
手っ取り早く生殖ができるので、実は理想的なスタイルなのかもしれません(笑)。

確かに大阪で一番有名なのは薫蓋樟という人がいるかもしれませんね。
実際に都心にあるので身近な存在でしょうし。
しかし、次のは、巨樹にそれほど興味がなくても見に行っている人が多いのでは?という印象。
近々UPするのでヨロシク見てやってください!
  1. 2017/08/14(月) 21:18:24 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/3163-55c001eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

LEICA M3 (517)
LEICA M4 (224)
LEICA MP (675)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (28)
ROLLEIFLEX 2.8F (533)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (572)
NIKON F2 (319)
NIKON F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (5)
未分類 (4)
巨樹の記録 (35)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。
フィルムカメラで気になるモノを、
気負うことなく撮っています。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・NIKON F2
・NIKON F801s


-手放したカメラ-
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: