The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪水屋の大楠≫

d16-110-r-u50.jpg
NIKON D7000 + TAMRON 18-270mm/f3.5-6.3

青田の大カシ≫≪黒瀧神社の夫婦スギ≫と巡り、三重県松阪市巨樹3連戦もラスト。
最後の巨樹へと向かう前にエネルギーチャージを。
いやね、巨樹を見て撮って・・・というのは思いのほか体力を消耗するのだ。

山の中を通る国道は、交通量も信号も少なくてバイクツーリングを楽しむライダーに人気。
その分お店は少ないけど、たまたま事前に見つけていたこのお店に駆け込む。


↓↓↓




d16-109-r-u50.jpg

注文した唐揚げ定食がこちら。
ご飯も味噌汁も凄いボリューム。
そして、何よりこの唐揚げがデカイのなんの。
しかも7個も入っている。

メニュー表に、「唐揚げ定食」と「唐揚げ定食 小」とあったので、何でだろう?と思っていたのだ。
「小」で充分だったと後悔するも、残せない性分なのでかなり無理して完食。
後で調べたら、唐揚げ定食のボリュームがウリのお店だった(笑)。



d16-144-r-u50.jpg

重たくなったお腹をさすりながら運転すること約20分。
目的の水屋神社に到着。
神社そのものが、いくつもの高い樹に覆われている。



d16-143-r-u50.jpg

身を清めようと近付いた手水舎が、なんと人感センサーで水が出るようになっていて驚く。
そして、鳥居をくぐってから改めて境内を見回してみると、様々な巨樹が林立しているのに気付く。
目的の大楠も見える。



d16-134-r-u50.jpg

参拝後、本殿の左側に接するように堂々と立つ大楠の元へ。



d16-135-r-u50.jpg

見上げると、本殿を完全に覆っており薄暗い。



d16-132-r-u50.jpg

根元を見ると、何やら立て札が・・・。
【神木 水屋の大楠は本殿裏にございます】

ええ~、コレじゃないのか!



d16-141-r-u50.jpg

半信半疑のまま裏手に向かうと・・・。
出た、明らかに異質の巨樹が。



d16-115-r-u50.jpg

さっき見間違ったのもかなり大きな楠だったけど、これを見ると完全に霞んでしまう。
それくらいケタ違いの大きさである。



d16-117-r-u50.jpg

根もかなり立派。
そして、大楠の裏側は斜面になっている。



d16-116-r-u50.jpg

石碑とともに。
まさに神木という呼び名が相応しい大楠である。



d16-118-r-u50.jpg

斜面の下から。

幹から根にかけてのハリが何とも素晴らしい。
この力強さはどう表現したらいいのだろうか。



d16-119-r-u50.jpg

見上げて。

樹の勢いをヒシヒシと感じる。
樹齢からは考えられない程の生命力に溢れている。



d16-123-r-u50.jpg

写真左下に女性が2名。
大楠の奥側にいるとはいえ、そのサイズの違いに驚く。



d16-121-r-u50.jpg

そして恒例の自分比較その①。



d16-125-r-u50.jpg

自分比較その②



d16-130-r-u50.jpg

自分比較その③

タイマーをセットして走って戻ってと結構忙しい(笑)。

幹周16.63m、根回り29m、樹高38m、樹齢約1000年。
この数値を見てもそのサイズが際立っていることがわかる。



d16-129-r-u50.jpg

冒頭にも書いたように、この大楠以外にもかなりの巨樹がこの神社には存在する。

これは、地中から掘り出された直径3m余りの大ケヤキの切り株。



d16-136-r-u50.jpg

本殿右横にある大スギ。
幹周7.6m、樹高50m。



d16-142-r-u50.jpg

奥が上記の大スギ、そして真ん中が最初に見間違ったいわゆる二号楠。
この二号楠でも、幹周が5m、資料によっては9mとも。
実際に間違えるくらいのサイズだから立て札もあるのだろう。



d16-137-r-u50.jpg

左がケヤキの巨樹、右が三号楠。



d16-140-r-u50.jpg

幹周5mを超える樹齢300年以上のムクノキの老木。

神木の大楠があまりにも巨大なので、他の巨樹の印象が薄いけれども、
狭い境内にこれだけの巨樹が林立しているのは驚愕。
ちょっとした巨樹の森であった。



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/28(金) 20:26:01|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<疾走中? | ホーム | 鉄橋>>

コメント

これだけ銘木巨樹が集まっているとなると、神社の威厳も増すというものですね。
実際、神社に実力がなければ、これら樹木が育つまで維持できなかったでしょう。
それにしても立派な楠。
関東以北にはそれほど立派な楠はなくて、こういう巨大な楠を間近で見たいというのは、ちょっと夢でもあります。
樹形はシンプルだけど、根元が立派で丈夫そうです。
比較写真のスケール感が素晴らしいですね。
何も説明しなくても、この樹が特別なのだとわかります。
あと、唐揚げもすごい、負けそうだけど男なら立ち向かわずにはいられません(笑)。

あと、ちょっといつも思ってることなのですが、RYO-JIさん、巨樹の記事は、写真を載せる続きにするんじゃなく、別個に載せませんか?
その方が後でまとめて読み返しやすいし、何よりしっかりとした訪問の記録であるので、探せずに埋もれるのは勿体無いと思って。
まあ、そういう点では僕も同じで、別に巨樹だけのブログを作った方がいいんじゃないかとも思ったり、思わなかったり……。
  1. 2016/10/30(日) 09:38:59 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

この神社は田舎を通る国道沿いにあって、参拝者も少ないと思われます。
しかし、綺麗に手入れされており、地元の方々が大切に思っているだろうと窺えます。
境内は荘厳な雰囲気がして、実際に由緒ある神社だそうです。
それと後から知ったんですが、境内にはムササビがたくさん生息しているみたいで
この目で見たかったなぁとちょっと後悔(笑)。
楠の巨樹は、関西ではかなり多いですね。
常緑樹なので冬でもその元気な姿を楽しめるのがあり難いです。
そのなかでもこの楠は格段に巨大で元気でしたね。

唐揚げは食べ切れなくて持ち帰る人用に、テーブル上にアルミホイルが設置されていましたが、
そこはやはり男として勝負してきましたよ(笑)。

巨樹訪問記事の件、ご提案有難うございます!
確かに巨樹だけのブログを作った方がいいかもしれませんね(笑)。
最初は軽い気持ちで巨樹巡りを始め、カメラもスマホやコンデジでパチパチ撮って、
こんな巨樹ありましたよ~的なおまけ記事だったんでこういう形になったんですよねぇ。
それがいつの間にか結構ちゃんと撮るようになって、記事の掲載の仕方もどれがいいかなぁと
思いながらも、ブログを訪問してくださる方々の反応がイマイチ薄いような気がするので、
そのまま今に至るって感じです(汗)。
でも自分なりに巨樹巡りを楽しくやっていることだし、カテゴリーを分けて別個の記事に
まとめるのが自分の中でもしっくりくる形かもしれませんね。
ちょっと時間を見繕って再編集してみます!

  1. 2016/10/30(日) 22:24:22 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/2848-9f24ee14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

LEICA M3 (482)
LEICA M4 (215)
LEICA MP (665)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (28)
ROLLEIFLEX 2.8F (485)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (529)
NIKON F2 (293)
NIKON F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (5)
未分類 (5)
巨樹の記録 (29)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。
フィルムカメラで気になるモノを、
気負うことなく撮っています。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・NIKON F2
・NIKON F801s


-手放したカメラ-
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: