The B grade ・・・

巨樹の記録 ≪二見の大ムク≫

x16-143s.jpg
FUJIFILM X30

国指定の史跡名勝天然記念物の数が全国一位の奈良県。
そんな史跡名勝天然記念物という分類の中から天然記念物に絞り、
なおかつ巨樹だけを抜き出すと2つ。

ひとつは以前掲載した≪桜実神社の八ツ房杉≫。
そしてもうひとつが今回行ってきた≪二見の大ムク≫である。

そんな≪二見の大ムク≫があるのは、奈良県南西部に位置する五條市。
市といっても、いくつもの村を次々と編入しつつも人口が3万人ちょっとの自然溢れるエリア。

車で行けば一時間くらいの距離だが、それだと簡単すぎて面白くない。
ということで恒例の自転車で向かうことに。
しかし最短距離の国道経由で行くと、信号や車が多くて楽しくない。
自転車は、距離よりも走りやすさを優先するのがベター。
そうなると当然、田舎道&山道になるけれど、道中に旅の要素が増え、
ドラマチックな感じがして達成感も高いし、写真も楽しめるのだ。

と思って意気揚々と出発したのだが、この日は気温が高くて調子がイマイチ。
20kmも進まないうちにカロリー摂取休憩(笑)。
飛鳥にできた新しい公園でペプシをチャージして再出発。



↓↓↓




x16-144.jpg

超えるべき峠。



x16-145s.jpg

徐々にきつくなる傾斜。



x16-146.jpg


x16-149.jpg


x16-150.jpg

ゆるゆる登ってきて、壷阪寺が見えてくれば間もなく峠のピーク。
ちなみに壷阪寺は西国三十三箇所巡礼の第六番札所。



x16-148.jpg

登ってきた道を見下ろす。



x16-147s.jpg

高い所は苦手だが、こういう景色は大丈夫というか大好物。
むしろこの景色が見たいがために登っているとも言える。
ご褒美があれば頑張れるタイプ(笑)。



x16-151s.jpg

目指すルートのピークにある分岐。
ここは迷わず右へ下る。



x16-152s.jpg

左は日本三大山城のひとつである高取城跡へと続く道。
しかし、かなりの激坂なのでこの日は寄り道しないことに。
しかも、いま調べた所によると虻が異常発生しているらしく規制中とのこと。
ヒィ~、行かなくて良かった(汗)。



x16-153s.jpg

人の気配がまったくない気持ちの良い林道をゆっくり下る。



x16-155.jpg


x16-154s.jpg

途中にひっそりと存在する安産の滝。
滝の音がしているのでひっそりという表現は適切ではないかもしれないが、
実際に目にした印象ではそういう表現が一番しっくりくるという妙な感じ。



x16-157s.jpg

下りきると出くわす吉野川。
吉野川は奈良から和歌山へと流れる一級河川。
日本有数の多雨地帯である大台ヶ原を源流としており、水もキレイで川遊びやBBQに最適。



x16-156s.jpg

ちなみ世間一般では吉野川といえば四国を流れる大河であろう。
こっちの吉野川は、紀の川という方がわかりやすいのだろうか。
なぜなら和歌山に入ると紀の川とその名称を変える川なのだ。
というか、桜で有名な吉野を流れるので奈良県だけが吉野川と呼んでいるらしいという説も(笑)。



x16-158.jpg

そんな吉野川沿いの気持ち良い道を西へと下り、いよいよ五條市へ。
重要伝統的建造物群保存地区である五條新町通りにある【餅商一ツ橋】さんでおやつタイム。
この外観がたまらない。



x16-159.jpg

昔ながらの手作りのお餅。
看板娘(?)のおばあちゃんが、『今日は暑いからちょっと硬くなっているかも・・・。』
との言葉通り、ちょっと硬くなっていたけど素朴な味で美味しかった。
しかも一個100円!



x16-160.jpg


x16-161.jpg

幻の五新鉄道跡を通過し、いよいよ≪二見の大ムク≫へ。


さて、前置きが長くなってしまったけど、いよいよ大ムクに近付いてきた。
今回は山の中ではなく、五條市の中心地にあるので見つけやすい筈。
しかも、とある邸宅内に存在しているので住所もはっきりしており、
サイクルコンピューターにナビゲートしてもらっているので迷うことはない。



x16-162.jpg

あと一つ角を曲がれば目的地という所でその方向を見る。
ん?あれか?



x16-163.jpg

なんかひときわ幹が太い樹がある。



x16-164.jpg

葉の茂り具合と幹の太さのバランスがおかしい。



x16-165.jpg

うん、やはりこれである。



x16-166.jpg

ちょうど自転車の女性が大ムクの下を通りかかったタイミングで。



x16-167.jpg

写真的には電線が邪魔である(笑)。
いやいや、ここら辺で生活されている家には絶対に必要なので言ってはいけないけど。
でも、大ムクが立派なだけに余計にそう思ってしまう。



x16-169.jpg

横にある松の木(?)と幹の太さを比較できるアングルで。



x16-171.jpg


x16-172.jpg

最初に感じたバランスの違和感はこれか。
太い幹が途中でなくなり、そこから細い幹が伸びている。
帰って調べたところによると、伊勢湾台風で幹の上部が折れてしまった結果とのこと。
それ以前はどれほど立派なムクノキだったのだろうか。



x16-173.jpg


x16-174.jpg

裏側から見ても目立つその姿。
特にその幹の太さが印象的な巨樹。
それにしてもこんな凄い天然記念物が庭にある家の方はどんな思いなのだろうか。

幹周8.5m、樹高30m、樹齢約1000年。



x16-176.jpg

帰りは線路沿いの平坦路を行く。



x16-177.jpg

ここ数年、県内ではコンビニの居抜きで出店している台湾料理店が増殖中。



x16-178.jpg

普通サイズのラーメン&どんぶり+ワンドリンクで700円。
ボリューミーで安い!!



←お気に召した方は、クリックお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 ←ついでにこっちも・・・って方がいらっしゃいましたら、クリックお願い致します。


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/02(木) 21:20:59|
  2. 巨樹の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<吊るしもの① | ホーム | 椿>>

コメント

全編の冒険旅行から楽しみました。
五條からバスに乗って下って行った記憶を思い出しました。
ああいうところを自転車で……すごいな。
ものすごい達成感だろうと思います。

そしてこの巨大なムク! 周囲の縮尺をおかしくしてしまってますが、これぞ巨樹という感じがします。
関東ではあんまりムクって見ないんですよね。実際、見たことがないかも。
枝振りが変わっていながらも元気そうでいいですね。
こういうのを見せられると、僕も頑張らなきゃなと思います(笑)。

  1. 2016/06/06(月) 23:15:25 |
  2. URL |
  3. 狛 #OP.fI0wQ
  4. [ 編集 ]

> 狛さん

お読みいただき有難うございます。
手軽な小旅行といったところでしょうか。
そうですか、五條からバスに・・・。
こんなところまで来られたことあるんですねぇ。
慣れると自転車でどこまでも行けそうな気がしてきますよ(笑)。

ムクはこちらでは結構多いみたいですね。
このムクは度重なる災難にも関わらず、元気な様子でしたが、
やはり全盛期の姿を見たくなります。
狛さんみたいに深い内容の巨樹旅ではありませんけど、
しばらくは自転車で回れるだけ回ろうと思ってます!
  1. 2016/06/07(火) 21:14:53 |
  2. URL |
  3. RYO-JI #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomu90.blog23.fc2.com/tb.php/2699-f132ee2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

LEICA M3 (517)
LEICA M4 (224)
LEICA MP (675)
ROLLEI 35 (88)
ROLLEI 35S (28)
ROLLEIFLEX 2.8F (533)
CONTAX T2 (65)
RICOH GR1v (573)
NIKON F2 (319)
NIKON F-801s (5)
OLYMPUS PEN-FT (17)
MINOLTA TC-1 (83)
トイカメラ (16)
その他 (5)
未分類 (4)
巨樹の記録 (35)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

ひっそりと参加しております。

FC2Blog Ranking

よろしければ、クリックお願いします。

プロフィール

RYO-JI

Author:RYO-JI
地元の光景を中心に、時々旅写真を。
フィルムカメラで気になるモノを、
気負うことなく撮っています。

コメントいただけると嬉しいです。
リンクもお気軽にどうぞ!



※掲載画像の無断転載・無断使用を堅く禁じます。




-使うカメラ-
・LEICA M3
・LEICA M4
・LEICA MP
・ROLLEI 35
・ROLLEI 35S
・ROLLEIFLEX 2.8F
・RICOH GR1v
・NIKON F2
・NIKON F801s


-手放したカメラ-
・CONTAX T2
・OLYMPUS PEN-FT
・MINOLTA TC-1

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: